コロナ時代の株式投資

身に迫るコロナを感じつつ、株式投資を考えています

#コロナ、政府専門家会議の目標は、できるだけ死亡者数を減らすことでした

〇「我々の目標は重症化する人、そして亡くなる方をできる限り減らすことです。」
こう語るのは、国立感染症研究所の所長で専門家会議座長の脇田隆字さんです。

https://www.buzzfeed.com/jp/yutochiba/covid-19-wakita

 

〇 私は、これまで、政府専門家会議の目標は、感染拡大防止と医療崩壊を防ぐことであると思っていました。


 水際作戦にしか使えないクラスター潰しにこだわり、4月以降は、病院や高齢者施設にクラスターが発生し、多くの死亡者が出ているのもかかわらず、

 接客を伴う飲食店、ライブハウス、スポーツジムにこだわってきた人たちであると思っていました。


 それは、どうやら誤解だったようです。


〇 現状は、経済社会活動再開とともに、コロナも活動を再開し、市中に感染が拡大している状況です。


 その中で、最も注意すべきは、間違いなく起こるのが、学校での感染拡大です。

 

〇 脇田氏いわく、


 「今後、必要となるのは学校での感染への備えです。北九州でも、学校で感染が拡大していたことが確認されています。

 同様のケースは必ず、他の地域でも起こります。


 これまでの感染パターンを踏まえると、ハイリスクな場所で感染した誰かが、その後、家庭で感染を広げ、そこから病院などへと感染拡大しているケースが見られていました。


 今後は、家庭内で感染が広がった後で、学校に伝播し、集団感染を起こすことが考えられます。これは、学校を開いている以上は間違いなく起こるので、注意が必要です。」


〇 全く同感です。


 家庭内感染に始まり、学校・職場・病院・高齢者施設へと感染が拡大することが予測されます。
 起点となる家庭内感染、それが直接つながる学校感染には、特に注意が必要です。


#家庭内感染、#学校感染、#第2波

 

#コロナ、東京都新規感染者107名の感染経路

〇 昨日(7月2日)の新規感染者107名の感染経路は、7月2日放送のフジテレビLive Newsによれば、(なお、カッコ内は前日7月1日の人数)


             7月2日   前日    増加人数
 感染経路が明らかなもの  62名  (47名)  15名増
  夜の街         29   (25)    4 
  病院・高齢者施設内感染 11   (不詳)    -
  家庭内          9   ( 4)    5
  会食          不詳   ( 6)    ー 
  職場内         不詳   ( 6)    ー

 感染経路不明       45   (20)   25

 

〇 前日と比べ40名増加したのですが、夜の街は4名増にすぎません。


 最も増加したのが、感染経路不明の25名増。市中感染の拡大を示唆しています。

 
〇 死亡リスクの高い病院・高齢者施設に11名の感染者が出てしまいました。

 荒川区介護老人保健施設ひぐらしの里では、6月27日に、入所者1名の感染が初めて確認され、その後、7月2日時点までの累計で入居者13名、職員1人合計14名となっています。


〇 院内感染や高齢者施設内感染は短期間には収束しません。今後も、感染者数の増加には注意が必要です。


 武蔵野中央病院の院内感染は、初めて感染者が確認されたのが5月25日で、その後、感染は拡大中ですが、7月1日までの7日間に患者2名の感染が確認され、感染者の累計は患者49名、職員12名の合計61名となりました。

 

〇 夜の街では死亡者は出ませんが、院内感染や高齢者施設内感染では多くの重症者や死亡者がでます。

 いつまでも、夜の街たたきをやっている場合ではない状況だと思います。

 


#都内感染、#夜の街、#院内感染、#高齢者施設内感染

#コロナ、東京都で新たに107人感染 2カ月ぶり高水準

〇 本日(7月2日)の東京都の新規感染者数は、前日比40名増加し、107名となりました。


 小池都知事は、東京都は「感染拡大要警戒」の状況にあるとし、「夜の街 要注意」として、夜の街・夜の繁華街への外出を控えるよう都民へ呼びかけました。


〇 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報には、年齢別新規感染者数が公表されているのですが、それによれば、


 感染者数   7月1日  7月2日  増加人数
  10歳未満   2名    3名    1名
  10代     2     2     0
  20代    35    37     2
  30代    14    34    20
  40代     9    11     2
  50代     3    10     7
  60代     2     2     0
  70代     0     3     3
  80代     0     2     2
  90歳以上   0     3     3
         67   107    40

 
〇 人数としては、20-30代の感染者数が多いとはいえ、
 70代以上の高齢者の感染者が、本日は8名出ていること、また、
 10歳未満の感染者が、前日の2名に引き続き、本日は3名出ていること、また、

 107名中45名は感染経路不明であること、など、

 夜の街のせいにはできないような感染の広がりが起きています。


 小池都知事は、あいかわらず、夜の街1本やりで通したいようですが、そうもいかない状況になってきました。

 

 

#コロナ、東京都にも学校感染広がる

〇 昨日(7月1日)放送のNHK首都圏ネットワークによれば、
 教諭2名の感染確認により臨時休校中であった江東区の区立小学校で新たに2名(30代男性と40代女性教諭)の感染が確認された結果、感染者は合計4名になり、臨時休校期間を延長。


 また、練馬区の区立小学校の30代男性教諭の感染が確認されたため、7月6日まで臨時休校にしたとのこと。

 

〇 東京都新型コロナウイルス感染症対策本部報では、都立学校における感染状況を公表している。

日付 感染者  性・年代  児童・生徒及び教職員との    対応
             接触状況
6/21  教職員 30代女性 教職員なし、児童・生徒のみ   毎日校内の消毒
6/24  同上  50代男性 教職員16名、児童・生徒11名 学年閉鎖
6/25  同上  50代女性 教職員1名、児童・生徒3名   学年閉鎖
6/30  非常勤 60代男性 接触なし            毎日校内の消毒


〇 学校感染の問題点は、大規模集団感染につながりかねないこと、また、家庭にコロナを持ち帰ることで、家庭内感染を引き起こすことです。特に、死亡リスクの高い高齢者への感染は、避けねばなりません。

 

〇 学校感染は、経済社会活動再開後、最初、北九州市の小中学校で発生しましたが、その後、感染多発地帯では、同様の学校感染が発生しています。


 緊急事態宣言期間中、家庭内に潜伏していたコロナが、学校再開とともに、学校に持ち込まれたと思われます。

 

〇 経済社会活動再開後は、家庭・学校・職場の間で、こども同士、こどもから大人、大人からこどもへと感染が拡大していくことが予想されますが、部分的臨時活動制限はあっても、全体的長期間の制限はあってはなりません。

 

幸いにも、若年者、特にこどもの死亡リスクは低いので、

 

 若年者は学び・働く。ただし、高齢者や基礎疾患のある人には、うつさないように注意する。

 

経済社会活動は継続されるべきです。

 

#学校感染、#高齢者・Lives・Matter

 

#コロナ、院内感染防止キャンペーン始まる

〇 本日(7月1日)、感染者数214名、死亡者43名(全員患者)を出した永寿総合病院(東京都台東区)の院長が、日本記者クラブで記者会見を行いました。

 

〇 毎日新聞6月7日付記事「院内感染なら死亡率4倍に 99病院205人死亡で浮かんだ新型コロナの猛威」によれば、

 5月下旬、各医療機関が公表したり、自治体が発表したりした院内感染の疑いのある事例について、各医療機関自治体などに取材した結果、

〇 都道府県別、院内感染病院数、感染者数(患者・スタッフ)は

 都道府県名   院内感染数   感染者数   死亡者(全員患者)
  東京都      19病院   714名    ・ 名
  神奈川県     13     242     ・
  北海道      10     228     ・
  埼玉県       8     140     ・
  大阪府       6     285     ・
  兵庫県       6     101     ・ 
  その他15県   37     395     ・  
  全国計      99    2105    205

〇 また、病院別では、
                 ・・・   感染者  ・・・   死亡者
 病院名             患 者  スタッフ他 合 計   患者
 永寿総合病院(東京都)     109人 105人  214人  43人
 なみはやリハビリテーション病院(大阪府) 60   73   133   12
 中野江古田病院(東京都)     69   29    98   13

〇 昨日(6月30日)、院内感染防止対策の重要性を訴えた西村経済再生担当大臣の記者会見での発言と軌を一にするものであり、

 今後、どのような具体的な対策を打ち出してくるのかを注目したいと思います。

 

#院内感染、#高齢者・Lives・Matter

#コロナ、米国のコロナ感染症対策と日本

〇 西村経済再生担当大臣が、6月30日の記者会見で語った、死亡リスクの高い高齢者の感染防止、高齢者施設・院内感染防止は、米国のコロナ感染症対策と共通する部分が大きいです。すなわち、


 6月26日、米国政府のコロナ対策の総責任者であるペンス副大統領は記者会見を開いたのですが、その様子を伝えたテレ朝news「米副大統領『新たな感染の約半数は35歳以下』」によれば、

「(前略)米ペンス副大統領:『約半数の新たな感染は35歳以下だ。これはある意味では心強い知らせだ


 ペンス副大統領は『若い人は重症化しにくい』と指摘し、若者の割合が増えたことで新型ウィルスの死亡率が減るという意味で一定の評価をしました。

 そのうえで若者から高齢者らへ感染が広がらないよう注意を呼びかけました。

 また、南部の州を中心に16の州で感染が拡大していると話しましたが、
命を守るために必要な措置は取り続ける一方で、アメリカを前進させたい」と経済再開への動きを続ける姿勢を示しました。(後略)」

〇 いかがでしょうか。私には、西村大臣とペンス副大統領は同じことを言っているように見えます。


 もっとも、国民の命を守る、死亡率を低く抑えるというのは、欧米、おそらくは世界共通のコロナ感染対策の目的であり、感染拡大防止自体を対策の目的とした日本は特殊でした。


 日本も、やっと、コロナ感染症対策の基本に立つことができたと思います。

 

〇 経済社会活動を再開した現在、感染拡大防止1本やりでは、到底、経済との両立は無理です。


 コロナ感染拡大を恐れるあまり、経済的困窮死を招いてはいけません。


 コロナ感染死と経済的困窮死を同時に防ぐための対策が必要です。

 

#高齢者・Lives・Matter

#コロナ、対策の肝が、夜の街から高齢者施設・院内感染に変わりました

〇 西村経済再生担当大臣は、昨日(6月30日)の記者会見の席上、

「とにかく二次感染を防止すること これが何より肝であります。

 夜の街の皆さんからお客さんあるいはそこからまた家族そしてやがて高齢者にいくとリスクの高い方々に行くので引き続き緊張感を持って対応していきたい」

 

「とにかくリスクの高い高齢者施設・院内感染につながらないよう全力をあげていきたい」と力説しました。


〇 前日の記者会見では、「夜の街」が感染対策の肝だったので、一夜にして、死亡リスクの高い高齢者への二次感染、さらには高齢者施設・院内感染を防ぐことが肝に変わったことに驚きました。


 何が政府に起きたのかは、これから明らかになっていくでしょうが、

政府のコロナ対策の目的が、感染拡大防止一本から、国民の命を守ることに変わろうとしているのは、大変嬉しい限りです。

 

〇 それはともかくとして、高齢者への感染を気にするのであれば、夜の街よりも昼カラの方がよほど問題です。


 夜の街の従業員や客については、高齢者の家族と同居している以外は、高齢者の家族が感染する可能性は低いと思います。また感染したとしても家族単位ですが、


昼カラの客は高齢者であり、二次感染どころか、一次感染そのものです。しかも集団感染であり、多くの高齢者が一時に感染します。

 

〇 さらに、現在、感染が進行中の学校感染や職場感染の場合は、さらに問題が大きいです。それこそ二次感染で高齢者に行き着いてしまいます


 また、夜の街に行く人に比べ、学校や職場に行く人の人数は圧倒的に多く、したがって、高齢者への二次感染の規模もそれに比例して大きくなります。

 

〇 経済社会活動再開により、夜の街のみならず、学校や職場における感染拡大はさけられません。
 西村大臣には、高齢者施設・院内感染防止対策は当然のこととして、若年者から高齢者への二次感染防止策を国民に示していただきたいものです。

 ちなみに私が考える今後のコロナ対策は、「命を守る」ことを目的とし、

若年者は、学び、働く

・高齢者や基礎疾患のある人はコロナに感染しないように自分でも注意し、周りも気をつける。仕事のない高齢者は、外出制限を守ろう

・また、政府は、高齢者や基礎疾患のある人が集団感染死している病院や高齢者施設の院内感染、施設内感染防止対策に注力しよう。

#二次感染、#院内感染、#高齢者施設内感染、#高齢者・Lives・Matter