願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ病床 10月21日、空床6395床。新規入院1人。自宅療養・待機計309人

〇 東京都の確保病床6651床のうち、本日の利用病床は256床で、6395床が空いており、空床率は96%です。

 

 空床数が自宅療養・待機者数を大きく上回っていますが、保健所の入院調整の結果、本日、新規入院は1人、保健所間移管手続き中(注)は92人でした。

https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/hodo/saishin/corona2603.files/2603-2.pdf

 

(注)PCR検査の結果、陽性が判明した場合、医療機関から保健所へ発生届が提出されますが、届出保健所(医療機関から発生届が提出された保健所)と居住地保健所(患者の居住地がある保健所)が異なる場合に、届け出保健所から居住地保健所へ移管手続きが行われます。

 

〇 入院者数は、連日減少し、この1週間で191人減少しています。入院者数のピークは9月4日で4351人ですが、ピーク比では4095人減少(減少率94%)です。

 

東京都医療状況推移

日付

10/14

10/19

10/20

10/21

増減

 
 

7日前

前々日

前日

本日

前日比

前週比

治療状況

入院中

447

309

280

256

▲ 24

▲ 191

宿泊療養

102

68

66

61

▲ 5

▲ 41

自宅療養

334

189

172

175

△ 3

▲ 159

入院・療養等調整中

202

165

158

134

▲ 24

▲ 68

全療養者

1,085

731

676

626

▲ 50

▲ 459

             

自宅療養+調整中

536

354

330

309

▲ 21

▲ 227

             

割合

%

%

%

%

前日比

前週比

入院中(入院率)

41.2

42.3

41.4

40.9

▲ 0.5

▲ 0.3

宿泊療養

9.4

9.3

9.8

9.7

▲ 0.0

△ 0.3

自宅療養

30.8

25.9

25.4

28.0

△ 2.5

▲ 2.8

入院・療養等調整中

18.6

22.6

23.4

21.4

▲ 2.0

△ 2.8

全療養者

100.0

100.0

100.0

100.0

   

(注)入院率=入院中/全療養者数

(注)「入院・療養等調整中」は、当日の新規陽性者及び前日までの陽性者のうち、入院・宿泊療養・自宅療養の調整中や保健所間の移管手続中の陽性者等の人数

 

東京都HPの資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#東京コロナ病床 10月20日、空床6371床。新規入院2人。自宅療養・待機計330人 - 願!コロナ退散

#東京コロナ年齢階級別重症者数 10月21日、24人、前日比3人減、前週比16人減。重症病床利用率5%

〇 本日の、重症者数(注)は24人で、前日比3人減、前週比16人減です。

(注)人工呼吸管理または ECMO を使用している患者。都の独自基準。

 

 重症者数は、8月28日の297人をピークとして減少傾向にありますが、本日は、前日比3人減です。ピーク比では92%減です。

 

 前日比3人減を年代別に見ると、50代2人減、60代1人減となっています。

 

〇 年代別人数では、50代が11人と最大で、重症者の46%を占めています。以下、40代・70代各4人(各17%)、60代3人(13%)、80代以上2人(8%)です。

 

〇 確保重症病床(503床)に対する利用率は5%です。

 

〇 東京都年齢階級別重症数推移

日付

10/14

10/19

10/20

10/21

増減

 
 

7日前

前々日

前日

本日

前日比

前週比

年代

10歳未満

0

0

0

0

△ 0

△ 0

10代

0

0

0

0

△ 0

△ 0

20代

0

0

0

0

△ 0

△ 0

30代

0

0

0

0

△ 0

△ 0

40代

5

4

4

4

△ 0

▲ 1

50代

21

14

13

11

▲ 2

▲ 10

60代

10

3

4

3

▲ 1

▲ 7

70代

2

3

4

4

△ 0

△ 2

80代

1

1

1

1

△ 0

△ 0

90代

1

1

1

1

△ 0

△ 0

合計

40

26

27

24

▲ 3

▲ 16

             

7日間移動平均

57.6

35.6

33.3

31.0

▲ 2.3

▲ 26.6

             

割合

%

%

%

%

%

%

10歳未満

0.0

0.0

0.0

0.0

△ 0.0

△ 0.0

10代

0.0

0.0

0.0

0.0

△ 0.0

△ 0.0

20代

0.0

0.0

0.0

0.0

△ 0.0

△ 0.0

30代

0.0

0.0

0.0

0.0

△ 0.0

△ 0.0

40代

12.5

15.4

14.8

16.7

△ 1.9

△ 4.2

50代

52.5

53.8

48.1

45.8

▲ 2.3

▲ 6.7

60代

25.0

11.5

14.8

12.5

▲ 2.3

▲ 12.5

70代

5.0

11.5

14.8

16.7

△ 1.9

△ 11.7

80代

2.5

3.8

3.7

4.2

△ 0.5

△ 1.7

90代

2.5

3.8

3.7

4.2

△ 0.5

△ 1.7

合計

100.0

100.0

100.0

100.0

   
             

重症者平均年齢

59.0

59.6

60.6

60.8

   

(注)平均年齢は、各年代の中央の年齢、例えば、50代の場合は55歳として計算。

東京都HPの資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#東京コロナ年齢階級別重症者数 10月20日、27人、前日比1人増、前週比16人減。重症病床利用率5% - 願!コロナ退散

 

#東京都年齢階級別重症者数

 

#大阪府施設クラスター 10月21日、大阪市で1カ所、新たな施設内感染発生。死亡者数6人

〇 本日、大阪市で高齢者施設内感染が1カ所、新たな施設クラスターの発生がありました。

  

〇 本日の新規死亡者は6人。

詳細は下記を参照のこと。

https://www.pref.osaka.lg.jp/attach/23711/00376026/1021.pdf

 

7日間移動平均新規死亡者は2.7人。

 

大阪府 施設クラスター 週間発生件数、死亡者数(2020年10月26日~本日)

 

高齢者施設

医療機関

合計

死亡者数

期間

カ所

カ所

カ所

10/26~11/1

3

3

6

10

11/2~8

2

0

2

5

11/9~15

4

4

8

12

11/16~22

7

2

9

16

11/23~29

5

1

6

39

11/30~12/6

9

4

13

37

12/7~13

9

7

16

54

12/14~20

10

3

13

72

12/21~27

8

4

12

65

12/28~1/3

7

3

10

57

1/4~10

8

6

14

72

1/11~17

13

4

17

69

1/18~24

10

5

15

94

1/25~31

10

5

15

90

2/1~7

5

5

10

72

2/8~14

5

0

5

56

2/15~21

4

2

6

35

2/22~28

2

1

3

28

3/1~7

6

2

8

18

3/8~14

3

2

5

19

3/15~21

4

4

8

8

3/22~28

5

1

6

14

3/29~4/4

5

0

5

18

4/5~11

8

1

9

21

4/12~18

13

1

14

54

4/19~25

12

4

16

92

4/26~5/2

8

10

18

152

5/3~9

12

6

18

202

5/10~16

10

2

12

243

5/17~23

8

7

15

170

5/24~30

4

3

7

171

5/31~6/6

3

1

4

118

6/7~13

2

1

3

113

6/14~20

2

0

2

62

6/21~27

0

7

7

55

6/28~7/4

2

1

3

33

7/5~7/11

0

1

1

13

7/12~18

1

0

1

15

7/19~25

0

0

0

10

7/26~8/1

1

1

2

3

8/2~8

3

0

3

12

8/9~15

0

1

1

9

8/16~22

2

3

5

16

8/23~29

4

1

5

26

8/30~9/5

6

2

8

46

9/6~9/12

3

1

4

41

9/13~19

3

0

3

46

9/20~26

4

0

4

30

9/27~10/3

2

0

2

27

10/4~10/10

8

1

9

31

10/11~17

6

2

8

18

10/18~

2

0

2

14

合計

273

125

398

2803

 

2021年10月4日~本日判明分19カ所の内訳

       

10月21日

種類

 

所在地

判明日

累計感染者数

高齢者施設

1

池田市

10/4

6

 

2

箕面市

10/4

12

 

3

大阪市78

10/4

20

 

4

大阪市79

10/5

9

 

5

堺市

10/6

7

 

6

大阪市80

10/6

6

 

7

大阪市81

10/7

7

 

8

大阪市82

10/8

6

 

9

大阪市83

10/12

5

 

10

豊中市

10/14

8

 

11

大阪市84

10/14

14

 

12

枚方市

10/16

6

 

13

大阪市85

10/16

6

 

14

大阪市86

10/16

37

 

15

池田市

10/19

14

 

16

大阪市87

10/21

6

   

小計

16ヵ所

169

         

医療機関

1

箕面市

10/4

29

 

2

八尾市④

10/11

34

 

3

吹田市

10/12

13

   

小計

3ヵ所

76

         

合計

   

19ヵ所

245

感染者数は、判明日~本日時点までの累計人数。感染者数は、職員も含んだ人数です。

凡例:堺市⑯は堺市16カ所目、大阪市87は大阪市87ヵ所目を意味します。

大阪府のHPの資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#大阪府施設クラスター 10月20日、新たな施設内感染発生なし。死亡者数1人 - 願!コロナ退散

 

#大阪府施設内感染 #大阪府高齢者施設内感染  #大阪府院内感染 #大阪府医療機関内感染

#大阪市高齢者施設内感染

#東京都コロナ7日間移動平均新規感染者数44人(前日比4人減、前週比34人減)、10月21日。

〇 本日の東京都のコロナ新規感染者数は36人。昨日の41人に比べ5人減。1週前の62人に比べ26人減。

 

〇 7日間移動平均新規感染者数

 同新規感染者数は、8月22日の4733人をピークとして減少していますが、本日の同新規感染者数は44人で前日比4人減、前週比34人減です。

 

〇 前週比増減率

 前週比減少率は、前日の46.7%から3.2ポイント低下して43.5%となりました。

 

〇 年代別新規感染者数(7日間移動平均)・前週比増減率

前日比:

 全体では4人減。年代別では、10歳未満0人減、10-19歳0人減、20-59歳3人減、60歳以上0人減。

 

前週比増減率:

 全体では43.5%減( 34人減)ですが、

年代別新規感染者数では

 10歳未満  50.0%減(  4人減 )

 10-19歳 67.8%減(  6人減)

 20-59歳 45.2%減( 22人減)

 60歳以上  11.8%減(  1人減)となっています。

 

新規感染者における年齢別割合(括弧内は前週比)

 10歳未満   9.8%( 1.3%減)

 10-19歳  6.2%( 4.7%減)

 20-59歳 62.0%( 1.9%減)

 60歳以上  22.0%( 7.9%増)

  合計   100.0%

 

〇 若年者の新規感染者数が、ワクチン接種により減少傾向が続く一方で、早期にワクチン接種を受けた高齢者はブレイクスルー感染により新規感染者数が横ばいとなっています。

 

〇 年齢階級別新規感染者数(7日間移動平均)推移・前週比増減率

日付

10/14

10/19

10/20

10/21

増減

 
 

7日前

前々日

前日

本日

前日比

前週比

年齢階級

%

10歳未満

9

5

5

4

▲ 0

▲ 50.0

10代

8

4

3

3

▲ 0

▲ 67.8

20代

17

11

10

9

▲ 1

▲ 46.2

30代

13

9

8

7

▲ 0

▲ 44.7

40代

11

8

8

7

▲ 1

▲ 36.0

50代

8

5

4

4

▲ 1

▲ 56.1

60代

3

3

3

3

△ 0

△ 0.0

70代

4

3

3

3

▲ 0

▲ 36.7

80歳以上

4

3

4

4

△ 0

△ 8.0

合計

77

52

47

44

▲ 4

▲ 43.5

             

人数

%

10歳未満

9

5

5

4

▲ 0

▲ 50.0

10~19歳

8

4

3

3

▲ 0

▲ 67.8

20~59歳

49

33

30

27

▲ 3

▲ 45.2

60歳以上

11

10

10

10

△ 0

▲ 11.8

合計

77

52

47

44

▲ 4

▲ 43.5

             

割合

%

%

%

%

%

%

10歳未満

11.1

10.5

9.7

9.8

△ 0.2

▲ 1.3

10~19歳

10.9

7.7

6.6

6.2

▲ 0.4

▲ 4.7

20~59歳

63.9

63.0

63.4

62.0

▲ 1.5

▲ 1.9

60歳以上

14.1

18.8

20.2

22.0

△ 1.7

△ 7.9

合計

100.0

100.0

100.0

100.0

   

東京都HPの資料をもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#東京都コロナ7日間移動平均新規感染者数47人(前日比4人減、前週比41人減)、10月20日。 - 願!コロナ退散

 

#東京都コロナ7日間移動平均新規感染者数

#東京都コロナ年齢階級別新規感染者数

#沖縄コロナ 直近1週間人口10万人当たり新規感染者数全国ワースト

〇 10月21日付沖縄タイムス記事「石垣島で増加傾向、1週間で33人感染 沖縄65歳以上1回目接種率は90%に」によれば、

沖縄県は20日、10歳未満から70代の男女20人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。前週の水曜日の32人より12人少ない。

 65歳以上の1回目のワクチン接種率は、県基準の算定方法で90・0%となった。新たなクラスター(感染者集団)5件も確認された。

 

 新規感染者の年齢別の内訳は、10歳未満が5人で最多。その他70代4人、30代と40代が各3人、10代2人など。

 

 市町村別では那覇市9人、石垣市7人、宜野湾市2人、うるま市浦添市が各1人。石垣市は14~20日の1週間で33人の新規感染者が確認されており、増加傾向が強まっている。

 

新たなクラスターは、

 豊見城市内のスポーツチームの10~50代男女17人のほか、

 沖縄市内の医療機関で50~80代の女性5人、

 浦添市内の保育施設で10歳未満~20代の男女5人など。

 

 この他、15日に公表された那覇市内の運動施設のクラスターは当初の17人から52人に増えたとの情報がある。2次、3次感染が含まれているとみられ、県が確認を進めている。

 

 直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は11・65人で全国ワースト。」

 

(関連記事)

#都道府県別コロナ新規感染者数 10月20日、前週比増加10道県(前日比2県減)。 - 願!コロナ退散

 

#米ワクチン接種 5〜11歳への接種、11月開始へ。政府がワクチンと会場確保

〇 10月21日付AFPBB NEWS記事「米5〜11歳への接種、11月開始へ 政府がワクチンと会場確保」によれば、

ホワイトハウス(White House)は20日新型コロナウイルスワクチンの5〜11歳を対象とした接種を来月開始する準備が整っていると発表した。

 新たに2800万人の米国民が接種対象となる。

 

 ジョー・バイデン(Joe Biden)政権は、食品医薬品局(FDA)と疾病対策センター(CDC)が米製薬大手ファイザー(Pfizer)製ワクチンの子どもへの接種を間もなく承認することを見込み、そのためのワクチンと全国2万5000か所の接種会場を確保したと説明した。会場には診療所、病院、薬局のほか、学校も含まれる。

 

 5〜11歳へのワクチン使用に関しては、FDAとCDCの諮問委員会が来週から11月3日にかけて順次検討予定で、その直後に承認される見通し。

 

 同年齢層を対象としたファイザー製ワクチンの臨床試験(治験)では、通常30マイクログラムの接種量を10マイクログラムに減らした上で、21日間隔で2回にわたり接種。

 結果、副反応は「概して16〜25歳の治験参加者に見られたものと同等」で、接種により十分な抗体反応が得られたとされる。

 

 ファイザーは一方で、まれな副反応として20代までの若年男性層を中心に報告されている心筋炎については言及しなかった。」

 

#コロナ第6波 厚労省専門家組織「一部地域ではリバウンド兆候も」 疫学調査徹底求める

〇 10月20日付TBS NEWS記事「厚労省専門家組織「一部地域ではリバウンド兆候も」疫学調査徹底求める」によれば、

「コロナ対策を政府に助言する専門家組織は20日夜、一部の地域ではすでに「リバウンド」の兆候があるとの分析をまとめました。

 

厚生労働省アドバイザリーボード 脇田隆字座長

 「若干ここにきて感染者が下げ止まりであったり、少しリバウンド(再拡大)気味というところが見てとれる」

 

 厚労省アドバイザリーボードの脇田座長は最新の感染状況の分析を行った会合の後に会見し、「全国的に減少傾向」としながらも、北海道や青森などではすでにリバウンドの兆候があるとの見解を示しました。

 

 そのうえで、第6波の感染拡大を早期に掴んで抑え込むため、感染者の濃厚接触者を特定してPCR検査を徹底することが重要だと呼びかけました。」

 

(関連記事)

#都道府県別コロナ新規感染者数 10月20日、前週比増加10道県(前日比2県減)。 - 願!コロナ退散