コロナ時代の株式投資

身に迫るコロナを感じつつ、株式投資を考えています

住民税非課税

#住民税申告不要制度、住民税非課税判定はどうなるか

1 住民税申告不要制度の申し出を行わない場合(確定申告のままにした場合) 〇 例えば、年齢70歳、単身者。特定口座(源泉徴収あり)。 昨年、今年と2年連続で確定申告。 一昨年は、年金収入75万円、株式譲渡損失150万円。 昨年は、年金収入75万円…

#確定申告、住民税、国保、介護保険、住民税非課税、住民税申告不要制度

これまでの記事をまとめました。 〇 住民税はどうなるかhttps://blog.hatena.ne.jp/KTNOKSN/ktnoksn.hatenablog.com/edit?entry=26006613545949281 〇 国民健康保険料はどうなるかhttps://blog.hatena.ne.jp/KTNOKSN/ktnoksn.hatenablog.com/edit?entry=2600…

#確定申告、住民税非課税者にも繰越控除を

〇 住民税の均等割非課税制度は昭和51年度(1976年)に、 所得割非課税制度は昭和56年度(1981年)に創設されました。 〇 昭和59年度(1984年)には、非課税判定基準が、「所得の金額」から「合計所得金額」に改正されました。 これは、住…

#確定申告、なぜ住民税非課税判定基準・介護保険には繰越控除が認められないのか

〇 地方税や社会保険料の算定基準としては、 住民税・国民健康保険は「総所得金額等」(繰越控除後)ですが、 住民税非課税判定、介護保険の保険料・自己負担割合は「合計所得金額」(繰越控除前)です。 「総所得金額等」と「合計所得金額」の違いは、繰越…

#確定申告、住民税非課税判定・介護保険には、繰越控除は認められていません。

〇 住民税非課税世帯、介護サービス利用者のうち、前年に株式譲渡所得があり、それを今年、確定申告する人数は想像もできませんが、当初、私が漠然と考えていたよりも、はるかに多いのではないかと思い、改めて、皆さんに確定申告に関する注意事項を報告する…

#確定申告 、住民税非課税から外れるかもしれません

〇 現在、住民税非課税で、今年、還付金目的で確定申告を済ませた方、これから行おうとしている方は、住民税非課税から外れるかもしれません。 〇 例えば、年齢70歳、単身者。昨年、今年と2年連続で確定申告。 一昨年は、年金収入75万円、株式譲渡損失1…

#確定申告、注意:住民税非課税判定、介護保険には、繰越控除は認められていません。

〇 個人株主数、住民税非課税世帯、介護サービス利用者の人数 ・個人株主数(名寄せ後) 1984万人 資料:日本証券業協会「個人株主の動向について」2019年7月 ・住民税世帯非課税対象者 2110万人 資料:厚労省「介護保険制度における所得指標の…

#確定申告 、介護サービス利用者の皆さん、住民税非課税の皆さん

特に、昨年、株式の利益が出て、還付金を得るべく、確定申告を準備中の皆さん、すでに済ませた皆さん 介護保険の保険料計算、自己負担割合判定および住民税非課税判定においては、繰越控除前の合計所得金額が使われます。 繰越控除は、皆さんには認められて…