願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、来週(3月第1週)の予測

 昨日(2月28日)のNYダウ終値は、前日比357ドル安の25409ドル。先週末終値が28992ドルでしたので、この1週間で3583ドル下落しました。

 新型肺炎対策として、習近平は、武漢封鎖に加え、ドローンでマスクをつけない人に警告するなど、なりふり構わない姿勢をとっています。また、日本では、シンゾーが学校閉鎖の方針を打ち出しました。

 新型肺炎の感染が拡大する中、二人の指導者が国民に本気度を示す一方で、トランプといえば、総責任者をペンスに指名し、敵前逃亡しました。

 トランプの姿勢に失望した投資家は買いを手控えた結果、買い手不在となり、NYダウは歴史的な下落となってしまいました。

 来週には、FRBが利下げの方針を示すことでしょうが、新型肺炎の感染拡大の勢いに勝てるでしょうか。


 トランプが、積極的な姿勢を示さないかぎり、NYダウ下落は来週も続くと思います。

 感染拡大防止は極めて困難な状況ですので、トランプは、新型肺炎フェイクニュース扱いし、火中の栗を拾おうとはしないでしょう。

 

 中央銀行の利下げが新型肺炎の特効薬とは到底思えません。来週もNYダウは下落が続くと予想します。

  

(あとがき)

 昨日、ドラッグストアの前に行列ができているとの知人の連絡を受け、トイレットペーパーを買いにいきました。午前中の早い時間帯でしたので、何とか2つ買えました。

 

 デマかもしれませんが、トイレットペーパーが店頭にないのは現実です。これぞ、群衆心理による行動ですが、それなりの合理性があります。