願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、下げ止まる条件と、その時期

〇 NYダウは、今年2月12日、史上最高値29551ドルを付けた後、下落に転じ、先週末(3月13日)の終値は23185ドルでした。

下落幅は6366ドルに達し、この間の下落率は21.5%です。

 

〇 現在は、新型コロナウィルス(以下、コロナ)が、欧米にも拡大中であり、トランプ大統領は、その対策として3月11日に、英国を除く欧州からの30日間の入国禁止措置を発表したのに続き、3月13日には国家非常事態宣言を出しました。


〇 3月第2週のNYダウは連日1000ドルを超える乱高下となりました。
 3月 9日(月)2013ドル下落

 3月10日(火)1167ドル上昇

 3月11日(水)1464ドル下落

 3月12日(木)2352ドル下落

 3月13日(金)1985ドル上昇


 先々週末(3月6日)の終値が25864ドルであったのに対し、先週末(3月13日)の終値は23185ドルでしたので、この1週間で2679ドル下落したことになります。

 

〇 今後、NYダウがどうなるかは、コロナ次第なのですが、
 日経新聞3月13日付け記事「世界分断 マネー急収縮 不安鎮める政策試す」によれば、
「UBSウェルス・マネジメントのグローバル最高投資責任者(CIO)、マーク・ハフェル氏は、市場が落ち着きを取り戻す条件として、
 (1)ウイルスの封じ込めに成功しているという証拠
 (2)経済への影響度合いが明確になること
 (3)世界で協調した政策対応
――の3条件を挙げる。


 (1) は感染者拡大がピークアウトしてくるか、有効なワクチンが開発されるかが焦点になる。
 (2) は大きいマイナスであってもその影響の規模と範囲がつかめれば、市場心理は改善していく。」


〇 この記事の内容はその通りだと思いますが、問題は、落ち着きをとり戻す時期です。
 感染者拡大がいつピークアウトするのか、有効なワクチンがいつ開発されるのか、経済への影響の規模と範囲がつかめる時期はいつなのか。


 その時期は誰にもわからないのですが、コロナは、現在は欧米へと感染拡大中であり、収束には時間がかかることはハッキリしています。


〇 私は、コロナがピークを打ち、かつ企業業績への影響が判明する時期は、第2四半期決算が発表される今年7月になると予想します。

 

〇 それまでは、NYダウは、乱高下を繰り返す展開になると思います。
今後は、コロナ感染の進行状況を見ながら、底入れの時期を探ることになります。

 

# トランプ、#国家非常事態宣言、#暴落、#底値