願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、2週間の失業者1000万人に

〇 昨日(4月2日)のNYダウは、3日ぶりに反発、469ドル上昇し、終値は21413ドルとなりました。

 

〇 トランプ大統領が、2日、CNBCテレビのインタビューで、産油国サウジアラビアとロシアが日量1000万バレルの減産で近く合意するだろうとの見通しを語ったことで、原油価格が下げ止まるとの期待感から、エネルギー株が急伸。


〇 その一方、4月3日付日経記事「米国、2週間の失業者1000万人に  新型コロナで経済活動停止」によれば、


 「新型コロナウイルス流行の影響により各地で店舗や事業の休業が余儀なくされている米国で、3月第3・4週の失業者数が計1000万人にも上ったことが分かった。(中略)


 「米労働省が2日に発表した統計によると、3月28日までの1週間の新規の失業保険申請数は前週の2倍に当たる665万件となり、2週連続で史上最多記録を更新した。」


〇 コロナ感染の勢いは増しており、米国での感染者数は、急拡大中で、4月2日時点で21万人を超えました(外務省調べ)。


〇 NYダウは21000ドル前後でもみあっていますが、今後は、コロナ感染の急拡大およびその経済的影響の大きさが想定を上回ることになり、二番底に向かうと予想します。


〇 コロナワクチンや治療薬の開発を期待しながら、当面、NYダウの様子を見守るしかないと考えます。