願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、米国の景気回復は「長く困難な道のり」

〇 4月12日付けロイター記事「ミネアポリス連銀総裁、米景気回復は『長く困難な道のり』と予想」によれば、 同連銀のカシュカリ総裁はCBS番組に出演し、新型コロナウイルス流行による混乱からの米景気回復は「長く困難な道のり」になるとの見方を示したとのことです。

その内容は、

・新型コロナ感染症の治療薬が向こう数カ月で市場に出回るようにならない限り、米経済が早期に回復するとの予想は過度に楽観的だと指摘。

・「有効な治療薬あるいはワクチンが入手できるようになるまでには、今後は長くて困難な道のりになるかもしれない」と述べた。「そのような状況でV字回復を見通すのは難しい」と続けた。

・ また、新型コロナの公衆衛生や経済への影響に18カ月間かけて対応する戦略に注目していると説明。

 感染リスクが最も低い労働者を起点に、経済の部分再開と封鎖を計画的に行うという考えだ。

・ 「治療薬あるいはワクチンが入手できるようになるまで、感染の再燃と対策強化を繰り返すことになるかもしれない」とした。

 

〇 都市封鎖等の対策で一旦感染者数は減るかもしれませんが、緩めれば第二、第三の流行がぶり返すのは、容易に推測できます。

〇 現在のNYダウは、政府とFRBによる景気対策と金融政策に支えられた金融相場であると考えます。
 景気の早期回復は「長く困難な道のり」であり、その過程は、コロナ感染状況と景気対策・金融政策が交錯する見通し不明の相場になると予想します。

 

#コロナ