願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NY原油、急回復中

〇 4月20日には、期近物がマイナス40ドルまで下落し、世間を騒がせたWTI原油ですが、5月5日には1バレル24ドル台半ばまで急回復してきました。

 

〇 5月6日付の日経記事「NY原油、24ドルに上昇 米ガソリン需要に回復期待」によれば、

ニューヨーク市場のWTI先物の期近物は5日、1バレル24.56ドルと前日より4.17ドル(20%)上昇した。米国で経済を再開する州が増え、ガソリン需要が回復するとの期待が高まっている。(中略)


 米国では5月に入り、30を超える州で経済活動の一部再開を始めた。飲食や小売りだけでなく、映画館を再開した州もある。

 ドライブシーズンも近づき、冷え込んでいたガソリン需要が今後急速に回復するとの期待が高まっている。米アップルの顧客データによると、4月の米国の車での移動は1月と比べ5割程度減った日が多かったが、5月は1~3割程度の減少に持ち直してきた。」

 

〇 WTI原油価格上昇の要因には、需要の回復期待以外に、米国シェールオイル生産が減少していることがあります。


 米国は、シェールオイル生産により、世界一の石油生産国になりましたが、アラブなどで生産されるオイルに比べ、生産コストが高い特徴があります。


 産油国は、国家同士の話し合いで減産しますが、米国のシェールオイルは、資本の論理で生産調整が行われます。


 価格が生産コストを上回っていれば、新規油田開発はストップします。


 また、販売価格の低下により、生産コストが高いシェール企業は倒産することで、生産が減少します。シェール企業は中小業者が多く、価格低下に耐えられない会社も多いと思われます。

 

すべては、米国の経済活動再開が順調にいくかどうかですが、当面、WTI原油は上昇しそうです。