願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、コロナ第2波相場が始まりそうです。

〇 昨日(5月12日)のNYダウは、前日比457ドル(1.9%)安の23764ドルで終えました。時間外のNYダウ先物CMEでも、日本時間午前6時の時点で289ドル安となっています。

 

〇 5月13日付の日経記事「NYダウ続落、457ドル超安 コロナ感染第2波を警戒」によれば、

 

「(前略)米経済活動の再開を期待した買いが先行したが、新型コロナウイルス感染の第2波を警戒した売りが次第に広がった。

 景気敏感株を中心に、引けにかけて一段安となった。相場上昇をけん引してきたハイテク株も利益確定売りに押された。


 米国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長は12日の議会公聴会で、経済活動の再開を急げば感染の再拡大を招き『とても深刻な結果をもたらす可能性がある』と警告した。行動規制が長引き、米景気の回復が緩やかになる可能性が意識された。」

 
〇 米国では、コロナ感染がいったん収束したとして、経済活動を再開する州が増えています。

 感染の中心地はNY州で、NY市こそ感染率は25%に達しているようですが、米国全体としては、5-10%あたりではないかと推測します。

 コロナは、ワクチンが開発されるか、集団の60-70%が免疫を獲得するまで続く長期戦です。


〇 NYダウは、コロナ第1波に対しては、政府とFRBが連携し、大規模な財政政策と金融支援により持ち直しましたが、第2波に対して、その余力はどれだけ残されているのでしょうか。

 

〇 中国では、武漢で第2波の感染が始まったとして、市民1000万人全員を対象としたPCR検査を実施するようですが、米国は第2波に対し、どのように対応するのでしょうか。

 


#コロナ、#武漢、#第2波