願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、「気の緩み」は、誰のせいだ

〇 そもそも、専門家の接触8割制限の提言に対し、「最低7割、極力8割削減」と緩めたのは誰か

 

〇 政府は、コロナの危険性、すなわち、コロナの致死率の高さと予測される死亡者数を伝えているのか


 通常のインフルエンザは、毎年1000万人が感染するが、推計死亡者数である超過死亡者数は1万人であり、致死率は0.1%であるが、


 コロナは、厚労省の発表によれば、5月16日時点の国内事例で、感染者16112名に対し、死亡者数は744名であり、致死率は4.6%である。


 もしも、コロナによる感染者が、インフルエンザと同様1000万人となれば、死亡者は46万人となる。

 しかも、感染者数は1000万人では済まない可能性もあり、その場合、死亡者はさらに増えることになる。

 

〇 コロナによる死亡者の80%は70歳以上の高齢者であり、高齢者への接触は回避すべきであることを伝えているか。

 

〇 集団感染の中心は、今や、医療機関や高齢者施設に移っており、高齢者の大量死亡、医療崩壊・介護崩壊の危機にあることを伝えているか

 

〇 やけに詳しくなった「新しい生活様式」や、「あと少しの我慢」「今が勝負時」など聞き飽きた呼びかけがあるだけで、コロナ感染の現状や危険性を伝えていない。

 

〇 国民に不必要な不安を与えたくないという、政府のおためごかしは、かえって国民を不安にさせている。


 政府は、コロナの現実を国民に明らかにすべきである。

 

#気の緩み