願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、3兆ドルの追加財政出動なるか

〇 NYダウは、コロナ不況対策としての政府の財政出動と、FRBの金融緩和により、下支えされてきました。


〇 5月15日、米下院で、民主党が提案した3兆ドルの財政支援が可決されましたが、共和党は反対しており、共和党優位の上院での可決は、もめそうです。

 

〇 5月16日付日経記事「米民主、下院で3兆ドル経済対策可決 政権・共和は対案」によれば、


「(前略)民主案は財政規模をさらに3兆ドル積み増す大型の追加対策で、資金難の州・地方政府への支援が柱の1つだ。家計にも減税と給付で大人1人に最大1200ドルを資金支援する。(中略)


 新型コロナ対策の第1~3弾は超党派の合意で迅速に成立した。中小企業支援など与野党の対立点が少ない分野を優先したためだ。

 第4弾は民主党が州・地方への支援を求める一方で、共和党民主党が嫌う企業救済を重視しており、歩み寄りが大幅に遅れる可能性がある。

 トランプ氏が求める給与税減税も、民主党内には「11月の選挙対策」と反対論がある。」


〇 コロナ不況対策として、追加財政支援の必要性は両党とも認めつつ、家計よりの民主党と企業よりの共和党の対立は、両党の体質に根差しています。

 

〇 大統領選挙の行方を左右しかねないだけに、追加財政支援の可決には時間がかかりそうです。その場合は、NYダウにも影響が出そうです。


 これに、予想されるコロナ第2波による経済社会活動への再度の制限措置が加わった場合、NYダウの再度の下落の可能性は高くなります。