願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、致死率上昇の背景

〇 最近、日本では、致死率が上昇していますので、その背景について調べてみました。

 

〇 致死率=死亡者数 ÷ PCR検査陽性者数(感染者数)なのですが、厚労省発表のデータによれば、

4月27日2.62%であった致死率が、5月18日には4.59%まで上昇しています。
        陽性者数(人)  死亡者数(人)   致死率(%)
 4月27日   13385     351    2.62
 5月 4日   15057     510    3.39
 5月11日   15798     621    3.93
 5月18日   16305     749    4.59


〇 一方、年齢階級別死亡率なのですが、年齢が上がるとともに致死率が高くなる傾向があります。

 厚労省が発表した年齢階級別陽性者数死亡者数(5月6日現在)によれば、60代から致死率は急上昇していることがわかります。


       陽性者数(人)  死亡者数(人)  致死率(%)
10代未満     253      0     0.0 
 10代      356      0     0.0
 20代     2446      0     0.0 
 30代     2257      2     0.1 
 40代     2431      8     0.3 
 50代     2546     16     0.6 
 60代     1736     42     2.4 
 70代     1490    100     6.7
 80代以上   1513    219    14.5

 

〇 以上の2点から、致死率の上昇は、致死率が高い高齢者の死亡が増加したためと推定されます。

 

〇 高齢者は、家庭・市中・病院・高齢者施設のいずれかで感染していると考えられますが、残念ながら高齢者にいたる感染経路は不明です。

 

〇 最近、高齢者施設における集団感染のニュースをよく耳にしますので、
高齢者施設における集団感染の増加が、高齢者死亡の増加につながっているのではないかと推測します。

〇 厚労省は、高齢者死亡にいたる感染経路を解明する必要があると思います。

 

#致死率