願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、麻生大臣「こういうのは死亡率が一番問題」と正論

〇 安倍首相、小池都知事などの政治家が、異口同音に「感染拡大防止」を唱える中で、麻生財務大臣が、「こういうのは死亡率が一番問題」と正しいことをいってくれました。

 

〇 6月4日の朝日新聞記事「コロナ死者少ないのは『民度が違うから』 麻生太郎氏」によれば、


「日本で新型コロナウイルス感染症による死者が欧米主要国に比べて少ないのは、『民度のレベルが違う』から――。麻生太郎財務相が4日の参院財政金融委員会で、独自の説を展開した。(中略)


 死者数の割合が高い米英仏を例に挙げ、「こういうのは死亡率が一番問題。人口比で100万人当たり日本は7人」と強調。

 他国の人から「お前らだけ薬を持ってるのか、ってよく電話がかかってきた」と明かし、「そういった人たちの質問には『お宅とうちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言って、みんな絶句して黙るんですけれども」と語った。」

 

〇 「民度のレベルが違うから」というやや古めかしい表現に記者は反応していますが、日本で感染爆発が起きなかったのは、日本人の国民性によるものであると私も思っており、決して、麻生大臣の独自の説ではありません。


〇 すなわち、日本人の、マスク好き、公衆道徳(ひとにうつさない)の高さ、村八分体制(マスクをしないと街を歩きづらい雰囲気)などの国民性により、
 国民は、早い段階で、マスクの着用を徹底し、コロナ感染に対する防御態勢をしくことができたため、感染爆発を防ぐことができたと私は思っています。


〇 欧米には、マスク着用の習慣はなく、感染爆発後に、マスクによる飛沫感染防止効果に気付き、法律でマスク着用を義務付けようとしていますが、時すでに遅しで、多くの死亡者を出してしまいました。

 

〇 ところで、コロナ感染対策は、「死亡率が一番問題」のはずなのに、なぜ、感染拡大防止が前面に出てしまうのでしょう。

 東京都の7つのモニタリング指標には、死亡者数はありません。


〇 感染拡大防止対策と死亡率を低くする対策は必ずしも一致しません。


 夜の街関連では死亡者は出ませんが、院内感染では多くの死亡者が出ます。
感染拡大防止なら夜の街対策でしょうが、死亡率低下なら院内感染対策です。

 

〇 安倍首相や小池知事も、麻生大臣にならって「死亡率が一番問題」の立場から、コロナ対策を推進して欲しいと思います。

 

#院内感染、#麻生大臣、#安倍首相、#小池都知事