願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、新宿歌舞伎町ホストクラブの感染防止対策

〇 感染者を出した新宿歌舞伎町のホストクラブでは、無症状の従業員もあわせて積極的に検査しており、客にも連絡をとっているとのことです。


〇 6月6日付朝日新聞記事「東京都で26人が感染 うち12人は同じ店のホスト」によれば、
「東京都は6日、新型コロナウイルスの感染者26人を新たに確認し、70代と80代の男性計2人が死亡したと発表した。(中略)


 接待を伴う飲食店などで感染したとみられる「夜の街」関連は16人。同じ店のホスト12人を含んでいるという。


 この店では、従業員に感染が疑われる症状が出て以降、無症状の従業員もあわせて積極的に検査しており、客にも連絡をとっているという。(後略)」

 

〇 東京都は、感染者については、その感染経路を調査した上で、感染拡大防止対策として、夜の街関連をターゲットにし、店名の公表まで検討しているのですが、死亡者の感染経路についてはどうなのでしょうか。死亡者2名というだけで、詳細は不明です。

 

〇 これまで300名以上の都民がコロナで死亡していますが、その感染経路について調査したのでしょうか。死亡者の約90%は、70歳以上の高齢者ですが、

 高齢者の感染経路としては、家庭内感染・病院内感染・高齢者施設内感染などが考えられますが、昨日、死亡が判明した高齢者2名はどこで感染したのでしょう。

 

〇 死亡者の感染経路を明らかにしないのであれば、感染防止のための呼びかけもあろうはずがありませんが、

 小池都知事は、院内感染・高齢者感染防止のため「面会禁止」を呼びかけたでしょうか。
 家庭内感染を防ぐため、高齢者との接触を回避するよう呼びかけたでしょうか。

 

 

〇 ホストクラブの従業員や客は若年者ですので、死ぬことは、まず、ありません。まして、ホストクラブは、しっかり感染拡大防止対策をとっています。

 

〇 小池都知事には、人の死を悼む気持ちをもっていただき、死亡率を低くするための対策をとっていただきたいと思います。

また、都民には、死亡率を低くするための行動を呼びかけて欲しいと思います。


#ホストクラブ、#小池都知事、#夜の街関連、#都民への呼びかけ