願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、欧米のコロナ感染死の4-5割が介護施設入居者

〇 「米紙ニューヨーク・タイムズの集計によると、米国では9800カ所の介護施設などで23万3000人の入居者・職員がコロナに感染した。死者は4万4000人を超え、全米の4割を占めた。


 英ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスLSE)の推計ではフランス、ベルギー、アイルランドではコロナによる死者のうち5割超が介護施設の入居者だった。(後略)」(6月7日付日経記事「介護施設、感染警戒続く 休業や退院患者拒否 密集で第2波リスク 米英は検査・隔離で備え」)


〇 介護施設は、病院以上に集団感染リスクの高い場所です。


 介護施設では、職員が歩行、食事、入浴の介助などで高齢者と密着する場面も多いため感染リスクも高くなっています。それに加え、
介護施設は、病院ほどには感染症対策への備えをしていません。


〇 上記記事によれば、日本でも、高齢者が通うデイサービスや短期入所の事業所は、厚労省によると、4月中旬時点で全国で858カ所が休業したのですが、その98%が休業理由に「感染防止」をあげたとのことであり、いかに感染症対策ができていないかを物語っています。


〇 介護施設におけるコロナ感染対策としては、マスクや防護具の配備、さらに、検査体制の整備が必要です。


検査体制とは、
・ 介護施設職員に対する定期的なPCR検査
・ 新規入所者や利用者に対するPCR検査、および検査結果がでるまで隔離


〇 高齢者施設は、集団感染が発生しやすい環境にあり、多くの高齢者が死亡しています。


 政府は、国民の生命を守るため、高齢者施設におけるPCR検査体制を優先的に整備すべきだと思います。


#施設内感染