願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都の4月のコロナ感染死亡者数は公表値の10倍。超過死亡で判明

〇 東京都が公表した4月のコロナ感染による死亡者は104人。これに対し、4月の超過死亡者数は1056人であることが判明しました。


 すなわち、実際のコロナ感染による死亡者数は、公表値の10倍の可能性があるということです。

 

〇 超過死亡は、PCR検査が国よってバラツキがあることから、実際のコロナによる死亡率を比較する際に使われます。

 

〇 6月11日付日経記事「特定警戒11都府県で『超過死亡』 緊急事態発令の4月」によれば、
「(前略)東京都は11日、緊急事態宣言が発令された4月分の死亡数を公表。死亡数は1万107人で、平年より1056人(11.7%)増加した。


 都を含め埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、福岡の計7都府県は平年より1割以上増えていた。


 東京都で4月に報告された新型コロナの死亡数は104人。6府県も4月の死亡数の増加分が、新型コロナの報告死亡数を大きく上回った。(後略)」

 

〇 政府のコロナ感染症対策本部は、日本の、パンデミックに対するPCR検査・医療体制が未整備であることから、PCR検査をコロナ感染症状が明確なものに絞り込むことで、入院数を減らし、医療崩壊を防ぐ策をとりましたが、それは、同時に見せかけのコロナ感染死を少なくするという副産物を生みました。

 

〇 感染症対策の基本は、検査による早期発見・早期治療です。


クラスター潰し」と称されたPCR検査絞り込み作戦は奇策であり、見せかけの死亡者数を減らすことに成功しましたが、決して、自慢するようなものではありません。

 

〇 安倍首相「わが国では、人口当たりの感染者数や死亡者数をG7(先進7カ国)の中でも圧倒的に少なく押さえ込むことができています。」は単なる錯覚です。

 

(付記)東京都における、今年2月中旬から3月にかけての公表死亡者数は16人だったのですが、超過死亡データから推定される死亡者数は、その12.5倍の200人以上とされています。

 

#超過死亡指数、#致死率