願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#東京コロナ 院内感染状況判明。19病院、感染者数714名。

〇 全国では、99病院、感染者数2105名、死亡者(全員患者)205名。

 

 毎日新聞6月7日付記事「院内感染なら死亡率4倍に 99病院205人死亡で浮かんだ新型コロナの猛威」によれば、


 5月下旬、各医療機関が公表したり、自治体が発表したりした院内感染の疑いのある事例について、各医療機関自治体などに取材した結果、


〇 都道府県別、院内感染病院数、感染者数(患者・スタッフ)は


 都道府県名   院内感染数   感染者数   死亡者(全員患者)
  東京都      19病院   714名    ・ 名
  神奈川県     13     242     ・
  北海道      10     228     ・
  埼玉県       8     140     ・
  大阪府       6     285     ・
  兵庫県       6     101     ・ 
  その他15県   37     395     ・  
  全国計      99    2105    205

 

〇 また、病院別では、
                 ・・・   感染者  ・・・   死亡者
 病院名             患 者  スタッフ他 合 計   患者
 永寿総合病院(東京都)     109人 105人  214人  43人
 なみはやリハビリテーション病院(大阪府) 60   73   133   12
 中野江古田病院(東京都)     69   29    98   13

 

〇 東京都の院内感染は、大阪府に比べ、病院数で3倍、感染者数で2.5倍の規模でした。

 また、個別病院でも、今年3月下旬に発生した東京都の永寿総合病院の院内感染は、大阪府が院内感染対策を強化するきっかけとなった、なみはやリハビリテーション病院の規模を、はるかに上回るものでした。

 

 そして、現在、武蔵野中央病院(東京都)においても、院内感染が進行中であり、6月24日時点で、59名の感染が明らかになっています。

 

〇 院内感染は、最初は1名の感染者が、高齢者や基礎疾患のある人が集まる病院にコロナを持ち込むことで、集団感染が発生し、多くの死亡者を出す結果となります。

 感染対策のためのヒト・モノ・カネ・時間は有限です。

 

 多くの死亡者を生み出す院内感染を防止することが、全体の死亡者数を減らすことにつながりますので、重点的に感染対策を行うべきです。

 

 東京都においても、大阪府同様、院内感染対策を強化すべきであると考えます。

 

 
#院内感染   #東京都