願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、459ドル高、26000ドル台回復

〇 昨日(7月6日)のNYダウは、前日比459ドル(1.78%)高の26287ドルと3週間ぶりの高値で終えました。


 中国景気の回復期待を受けて同国を中心に世界的な株高となりました。


 好調な米経済指標も好感され、ハイテク株中心に幅広い銘柄に買いが広がりました。

 

〇 7月7日付日経記事「NYダウ続伸459ドル高、米中景気の回復期待が支え」によれば、


「(前略)中国の上海総合指数は6日に5.7%上げ、2018年2月以来の高値となった。

政府系メディアが株高を支持する論説を掲載したことも買いを後押ししたようだ。


 これを受けてアジアや欧州の株式相場が軒並み大幅高となり、米市場にも買いが波及した。


 米サプライマネジメント協会(ISM)が6日発表した6月の非製造業景況感指数は57.1と前月より11.7ポイント上昇。過去最大の改善幅となり、好不況の境目となる50も3カ月ぶりに上回った。


 2日発表の雇用統計でも雇用者数が急増するなど、市場予想を上回る米経済指標が相次いでいる。

 米国の新型コロナウイルスの新規感染者数は過去最多水準が続いているが、景気への楽観論が勝り、買いを後押しした。」

 

〇 上海総合指数の急騰が目を引きます。中国景気の回復期待に加え、中国政府の後押しもあるようです。