願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都、2日連続の200人越え。今後、院内感染・高齢者施設内感染への拡大が懸念されます。

〇 第1波のピーク日4月17日と7月10日の年代別感染者数を、7日間移動平均で比較してみると、

 

        ==== 人数 ====    ==== 割合 ====

年代 \ 日付 4月17日 7月10日       4月17日   7月10日
  10歳未満    2名    4名         1.3%     2.5%
  10代      2     4       1.1    3.1

  20代     26    70      16.5   49.1

  30代     26    33      16.6   23.3
  40代     28    15      18.3   10.7
  50代     29     8      18.4    5.7
  60代     16     4      10.5    2.9
  70代     13     2       8.1    1.2
  80代      9     1       6.0    0.8
  90代以上    5     1       2.9    0.6

  不詳       0     0       0.3    0.0

  合 計    156   142     100.0  100.0


うち20-30代  52   103      33.2   72.4
うち70歳以上   26     4      17.0    2.6

 

(注)端数処理の関係で、合計が合わないケースがあります。

 

〇 7日間移動平均の合計人数でみて、7月10日の方が、4月17日を下回っているのは、7月9日・10日の2日間で感染者数が急増したためです。

 

〇 年代別割合をみますと、20-30代の割合が、4月17日は33.2%であるのに対し、7月10日は72.4%と倍以上である点が目につきます。

 これは、いわゆる夜の街関連のホストクラブやキャバクラの従業員に対し、積極的にPCR検査を実施したためです。

 

〇 一方、70歳以上の高齢者の割合は、4月17日が17.0%であるのに対し、7月10日は2.6%と少なくなっています。

 4月17日については、3月下旬から4月にかけて、都内で院内感染が多発した影響を受けています。

 代表的なのは、永寿総合病院(台東区)で、入院患者109人が感染し、うち43名が死亡しました。

 

〇 院内感染の恐さは、始めは1人の感染者がその何十倍もの感染者を生み出すことです。

 6月27日には、荒川区の高齢者施設で集団感染が発生し、現在まで入居者22名(全員70歳以上)の感染が確認されています。

 

〇 現在は、20-30代に感染者が偏っているものの、経済社会活動の再開とともに、コロナも活動を再開し、夜の街のみならず、保育園・学校・職場・病院・高齢者施設など、市中に感染が拡大しています。

 

〇 今後、若年者の感染が、家庭内感染により高齢者にうつり、それがさらに高齢者施設や病院に持ち込まれる可能性が高まっています。

 

 院内感染や高齢者施設内感染防止対策が急がれます。

 

#ホストクラブ、#市中感染、#院内感染、#高齢者施設内感染