願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、高齢者は、自分で自分の身を守ろう

〇 コロナの特徴は、高齢者の致死率が高いことです。

 

 30代以下の致死率は、ほぼ0%ですが、年齢とともに致死率は上昇し、60代は5%、70代は15%、80代以上は30%です。

 

 また、コロナ感染死者の95%は、60歳以上の高齢者です。

 大阪府では、コロナ感染死者全員が、60歳以上または基礎疾患のある人でした。

 

年齢階級別死亡者数、致死率については、下記の厚労省のHPをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000645700.pdf

 

〇 緊急事態宣言期間中は、全国民が外出制限下にありましたが、

 経済社会活動を再開した今、市中に潜んでいたコロナも活動を再開し、

 家庭・保育園・幼稚園・学校・職場・繁華街・病院・高齢者施設など、人の集まる場所での感染が発生しています。

 

〇 また、東京都や大阪府など都市部に集中していた感染も、出張・帰省・旅行などにより、全国に拡大していくことは避けられません。

 

〇 高齢者の多くは、病院や高齢者施設での集団感染にまきこまれて死亡しています。

 

 欧米の例ではありますが、コロナ感染死した高齢者の50%前後が、高齢者施設の集団感染で死亡しています。

 

 日本では残念ながら、高齢者の集団感染死に関する統計がありません。

 院内感染や高齢者施設内感染により、どれだけの人が死亡したのかは不明ですが、おそらくはコロナ感染死した高齢者の50%前後が死亡しているものと思います。

 

〇 政府や自治体には、高齢者への感染拡大を心配するだけでなく、さらに踏み込んで、院内感染防止、高齢者施設内感染防止に取り組んでもらいたいと思います。

 

 マスクや防護具の支給は当然のこととして、病院や高齢者施設へのコロナ持ち込みを防ぐためのPCR検査体制の確立が急務だと思います。

 

〇 とはいえ、自分で自分の身を守るのが社会の原則です。

 市中に感染が拡大する中、高齢者は、外出制限を守る必要があります。

 

#致死率、#高齢者・Lives・Matter、#院内感染、#高齢者施設内感染