願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、大阪府、府民の命を守るための院内感染対策を開始

〇 大阪府は、院内感染を防止し、府民の命を守るため、7月17日から、医療機関等を対象とした研修を開始します。

 

〇 大阪府のホームページによれば、

http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=38639

 

大阪府では、新型コロナウイルス感染症の院内感染等によるクラスターの発生を防止し、府民の命を守るため、府内医療機関等における院内感染対策の徹底・強化を進めています。
 このたび、府内全保健所において、病院等を対象とした研修会の開催や出前研修等を下記のとおり計画的に実施することとしましたので、お知らせします。


【研修会等の実施概要】
 目的:新型コロナウイルス感染症の発生予防や早期対応、拡大防止のために必要な知識や技術を習得し、院内感染対策の徹底・強化を図る。
 対象:新型コロナウイルス感染症患者受入病院以外の病院等(約500医療機関


○研修会の開催
 実施時期:令和2年7月17日(金曜日)から同年8月下旬頃まで
 実施内容:以下のプログラムを基本として、各保健所が企画、実施します。
       (感染症対策に精通している病院等も協力)
       (1)新型コロナウイルス感染症の概要
       (2)府内の事例を踏まえた院内感染対策
       (3)院内感染発生時の対応


○出前研修、実地指導
 実施時期:随時
 実施内容:医療機関に出向いて、上記研修と同趣旨の講義や個人防護具の着脱訓練等を実施します。

 

〇 大阪府では、これまで84名のコロナ感染死が出ていますが、そのうち院内感染で35人(42%)が死亡しました。6病院で院内感染が発生、患者や職員ら計284人が感染し、うち5病院の患者35人が死亡しています。

 

〇 また、大阪府のコロナ感染死者は、その全員が60歳以上の高齢者または基礎疾患を持つ人でした。

 

 府民の命を守ろうとすれば、高齢者や基礎疾患を持つ人が集まる病院における集団感染を防ぐことに重点を置くのは、合理的な方針であり、医療機関の協力も得られると思います。

 

〇 今後は、院内感染対策同様、高齢者施設内感染対策も強化すべきと思います。

高齢者施設は、病院に比べ、感染症対策が不十分であり、今後、市中感染の拡大とともに、施設内感染の発生が予想されます。

第1弾は院内感染対策としても、第2弾として高齢者施設内感染対策が必要です。

 

#吉村府知事、#大阪府、#院内感染