願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都足立区、フィリピンパブに集団感染発生

〇 7月中旬、足立区内のフィリピンパブ2ヵ所で集団感染が発生し、従業員21名、客1名の感染が確認されました。

https://www.city.adachi.tokyo.jp/hodo/juyo/0720juyo.html

 

 いわゆる接待を伴う飲食店における集団感染ですが、重症化・死亡リスクは、新宿区のホストクラブやキャバクラに比べ、はるかに高く、警戒が必要です。

 

 すなわち、新宿区の場合、従業員および客の年齢層は20-30代であり、重症化および死亡リスクは低いのですが、

 

 足立区のフィリピンクラブの従業員の年齢は30-40代が中心であり、

客は、同年代以上の40-60代の中高年が中心であったと推定されます。

 今後、感染した客からの家庭内感染により、70歳以上の高齢者へ感染が及ぶ可能性が高いのです。

 

〇 ところで、足立区の新規感染者数(週単位)の推移をみると、

https://www.city.adachi.tokyo.jp/juyo/covid19list.html

 第1波のピークは4月1-7日で、感染者数は34名でしたが、その後、減少し、6月上旬には2週連続で1名となるのですが、

 6月17-23日に11名の感染者数が出た後、急増し、

7月15-21日には106名と、第1波のピークの3倍に達しました。

 

〇 6月17-23日の週以降の足立区内の感染拡大の推移ですが、

 7月6日 中学校において生徒の感染を確認。

 7月8日 私立認可保育園で保育士の感染を確認。

 7月11日 デイサービス「足立ケアコミュニティそよ風」で利用者および職員の感染を確認。

 7月16日 フィリピンパブで従業員の感染を確認。

 

 保育園・中学校・高齢者施設・接待を伴う飲食店において、次々に感染が判明したのは、足立区において、市中に感染が拡大していることの現れです。

 

〇 足立区は、人口68万人(23区の中で第5位)、高齢化の進んだ地区であり、高齢者が多く、その分、高齢者施設や病院の多い地区です。

 

〇 すでに、市中に感染は拡大しています。

 フィリピンパブの感染拡大防止対策と同時に、高齢者施設や病院における集団感染防止対策の強化が必要な状況です。

 

 

#足立区、#フィリピンパブ、#市中感染