願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都48医療機関で院内感染発生。140人死亡。1-6月

〇 7月20日付け東京新聞記事「東京48医療機関で院内感染 1-6月140人死亡、高リスク浮き彫り」によれば、

 

「東京都は20日新型コロナウイルス院内感染が、1~6月に都内の48医療機関で発生していたと明らかにした。

 患者や医師、看護師ら計889人が感染し、うち140人が亡くなったという。

 感染者数は同期間の都内全体の14%。一方、死者数は43%に達しており、院内感染が発生した際のリスクの高さが改めて浮き彫りとなった。都が都議会厚生委員会で報告した

 

 都内では3~5月、台東区の永寿総合病院で集団感染が発生。病院によると、入院患者や家族、職員など計214人が感染し、患者43人が死亡した。亡くなった人のおよそ半数が血液疾患で入院中の患者だった。

 中野区の中野江古田病院でも3月以降、相次いで感染者が判明。病院によると、これまでに患者や職員115人が感染し、患者29人が亡くなった。

 墨田区の都立墨東病院では患者や職員43人が感染、患者4人が死亡した。(後略)」

 

〇 院内感染は、病院にとってあってはならないことです。また、東京都にとっては、都民の命を守るためには防止せねばならないことです。にもかかわらず、

 東京都は、3月以降、保健所から院内感染の報告を受けながら、都立病院の院内感染以外は、これまで、その事実を都民に公表しませんでした。

 

〇 また、6月下旬以降、荒川区と足立区の高齢者施設において集団感染が発生し、利用者・入所者50人、職員12人、合計62名が感染、少なくとも1人が死亡していますが、東京都は、この事実を都民に公表していません。

 

〇 今後も、多くの命が、院内感染や高齢者施設内感染で失われることを思うと、その事実を無視し続ける東京都に対し、あらためて憤りを感じます。

 

 

#東京都、#院内感染、#高齢者施設内感染、#高齢者・Lives・Matter