願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都小池知事「医療や高齢者施設 戦略的に検査」(続報)

〇 7月29日、小池都知事は、NHKのインタビューに応じ、新型コロナウイルスの対策などについて話しました。その内容は、

 

『小池知事は、「医療従事者は、感染の疑いがある人や陽性が明らかになった人などに実際に対面している。高齢者は重症化すると命の問題にも関わってくる」と指摘しました。

 そのうえで、感染を確認する検査について「重症者を出さず、死者の数を抑えることを考えると、医療や高齢者の施設の方々に戦略的に受けていただく、より効果的な検査のしかたを考えていきたい」と述べ、

 区市町村とも連携して、感染のリスクが高い医療従事者や、重症化のおそれがある高齢者と日々接する施設の従業員などが、積極的に受けられる環境を整備する考えを示しました。』

 

〇 小池都知事も、重症者が増加し、医療崩壊の可能性が高まる中、これまでの感染拡大防止の観点からの夜の街たたきから、重症者数の増加抑制にコロナ対策の重点をうつしたようです。

 

 実施できるPCR検査件数は、ヒト・モノ・カネ・時間のすべてが有限です。

 重症者を増やしたくないのであれば、重症化リスクの低い若年層が集まるホストクラブではなく、重症化リスクの高い高齢者や基礎疾患のある人が集まる病院や高齢者施設に対して、重点的にPCR検査を行うのは当然です。

 

〇 とはいえ、小池都知事の発言は、「医療や高齢者の施設の方々に戦略的に受けていただく、より効果的な検査のしかたを考えていきたい」ということであり、具体的な対策の内容は不明です。

 

〇 高齢者施設における集団感染や家庭内感染の多発により、今後、高齢者の感染は急増すると思われます。

 

 医療や高齢者施設の集団感染を防ぐためのPCR検査体制の整備は喫緊の課題であり、具体化を急ぐ必要があります。

 

#東京都、#重症者、#高齢者施設内感染、#院内感染、#PCR検査