願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、感染拡大はいつまで続くのか。ワクチン開発の見通し

〇 ワクチンができるまでは、コロナ感染は続くと考えざるを得ないのですが、ワクチン開発の現状が明らかになりました。

 

〇 8月7日付NHKニュース「新型コロナワクチン 国内で1月から3月の供給に向け体制整備へ」によれば、

 

『イギリスの製薬大手「アストラゼネカ」が開発中の新型コロナウイルスのワクチンについて、日本国内で来年の1月から3月にかけて最初の供給を行えるよう体制を整備する方針であることが厚生労働省の取材でわかりました。

 

 国内でのワクチン供給の見通しが具体的に明らかになるのは初めてで最初の3か月でまず3000万回分が供給されるということです。

 

 供給の見通しが明らかになったのはイギリスの製薬大手「アストラゼネカ」とオックスフォード大学が開発を進めているワクチンで、海外の一部の国ではすでに最終段階の臨床試験に入っています。

 

 このワクチンについて、日本国内では8月から臨床試験を始めるとともに供給に向けた体制を整備するということで、厚生労働省によりますと開発が順調に進めば来年の1月から3月にかけて最初の供給を行えるよう体制を整備していく方針だということです。

 最初の3か月でまず3000万回分が供給され、最終的には合わせて1億2000万回分が供給されるということです。(中略)

 アストラゼネカで、日本での新型コロナウイルスのワクチン開発を担当する田中倫夫執行役員はNHKの取材に対し「臨床試験が終われば、早ければ来月にもイギリスで供給が始まるかもしれない。日本への供給もできるだけ遅れないよう早く開始したい」と話しています。』

 

〇 大いに期待したいところですが、早くても日本での供給は来年になる見通しです。

従って、感染拡大は、年内は続くと考えた方が良さそうです。

 

#ワクチン開発