願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都がフィリピンパブの集団感染を公表した理由

〇 東京都は、「新型コロナウイルス感染症対策本部報」第669報において、江戸川区の接待を伴う飲食店(フィリピンパブ「マヨン2」)において集団感染が発生したことを公表しました。

https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/taisaku/saigai/1007261/index.html

 

〇 接待を伴う飲食店の集団感染はこれまで何件か発生していますが、東京都が公表したのは初めてです。

 何事が起きたのかと、NHK首都圏ニュースを見たところ、その理由が判明しました。

 すなわち、この「マヨン2」では、小池都知事肝入りの「感染防止徹底宣言ステッカー」を掲示していたにも関わらず、集団感染を起こしたためでした。

 東京都は、8月13日、職員が現地を確認。店側の了解を得て、1階のフロアに掲示している「ステッカー」を撤去したようです。

 

〇 この「感染防止徹底宣言ステッカー」は、東京都によれば、

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を図りつつ、事業を実施していくためには、店舗(事業所)等での感染防止対策の徹底が重要です。

 

 そこで、事業者の方向けに、事業者が実施すべき感染防止対策を掲載した業種別のチェックシートを作成しました。チェックシートにある感染防止対策を全て実施していただき、専用フォームから申請すると「感染防止徹底宣言ステッカー」を取得できます。


 「感染防止徹底宣言ステッカー」を店舗等の目立つところに掲示いただくことで、都民の皆様が安心して利用できる施設であることをお知らせすることができます。


 事業者の皆様、店舗等の利用者への安心の提供と感染拡大防止のため、ぜひこの取組にご協力ください。」

 

〇 ステッカーは誰でも取得できますので、それが掲示してあるから、安心して利用できる店ということではないようです。

 利用者は、ステッカーに惑わされることなく、店の実態を見て、感染防止策の有無を判断するようにしましょう。

 

#東京都、#感染防止徹底宣言ステッカー