願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、インフルエンザとの相違点

日本感染症学会は、今冬のインフルエンザとコロナの同時流行が危惧されるとして、提言を発表しています。

http://www.kansensho.or.jp/uploads/files/guidelines/2008_teigen_influenza_covid19.pdf

 

その提言の中で、インフルエンザとコロナの違いについて、表にまとめています。

 

   インフルエンザ

   コロナ

症状の有無

ワクチン接種の有無などにより程度の差がある ものの、しばしば⾼熱を呈する

発熱に加えて、味覚障害・嗅覚障害を伴うことがある

潜伏期間

1-2 ⽇

1〜14 ⽇(平均 5.6 ⽇)

無症状感染

10%

無症状患者では、ウイルス量は少ない

数%〜60%

無症状患者でも、ウイルス量は多く、感染⼒が強い

ウイルス排出期間

5-10 ⽇(多くは 5-6 ⽇)

遺伝⼦は⻑期間検出するものの、 感染⼒があるウイルス排出期間は 10 ⽇以内

ウイルス排出のピーク

発病後 2,3 ⽇後

発病 1 ⽇前

重症度

多くは軽症~中等症

重症になりうる

致死率

0.1%以下

3-4%

ワクチン

使⽤可能だが季節毎に有効性は異なる

開発中であるものの、現時点では有効なワクチンは存在しない

治療

オセルタミビル、ザナミビル、ペラミビル、ラニ ナミビル、バロキサビル マルボキシル

軽症例については、確⽴された治療薬はなく、 多くの薬剤が臨床治験中

ARDS の合併

少ない

しばしばみられる

 

(注)ARDSとは、急性呼吸窮迫症候群 の略称で、臨床的に重症の状態の患者に突然起こる呼吸不全一種。

 

〇 ところで、この表で残念なのは、コロナの致死率が3-4%となっている点です。

 正しくは0-18%です。年齢によって、致死率は上昇し、80歳以上では18%となります。

 3-4%とくくってしまうと、コロナの特徴があいまいになってしまいます。

 

なお、致死率の詳しい情報は下記の厚労省のホームページをご覧ください。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000661165.pdf

 

 

#日本感染症学会