願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都の新しいスローガンは「防ごう重症化  守ろう高齢者」

〇 東京都医師会から医療崩壊の危機を訴えられた東京都小池都知事は、8月27日、酒を伴う飲食店の時短要請の延長と、「夜の街関連」に替わる新しい方針を打ち出しました。

 

〇 8月27日付NHKニュースによれば、

「(前略)小池知事は、きのうの重症患者数は、50代と60代が合わせて13人、70代以上が16人で、高齢層が占める割合が非常に大きい。

 

 重症患者数の増加を抑制するためには、重症化リスクの高い高齢層への感染拡大を防止することが重要になる」と指摘しました。

 

 そして「都は高齢者施設の職員や入所者を対象とした検査について独自の仕組みの構築を検討している。実施方法は保健所や医療機関に過度の負担がかからないよう配慮する」と述べ、具体的な手法について検討を進めて、9月の都議会に提出する補正予算案に盛り込む考えを示しました。

 

 そのうえで「高齢者や家庭内に感染を広げないという強い意識を改めて持っていただきたい。『防ごう重症化 守ろう高齢者』の対策を進めていく」と呼びかけました。」

 

〇 スローガンの真意を翻訳すれば、「防ごう医療崩壊 守ろう医療提供体制」なのですが、この際、細かな違いはよしとして、今後、どうなっていくのかを見守りたいと思います。

 

小池都知事、#医療崩壊、#医療提供、