願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都世田谷区、無症状の介護施設職員にPCR検査開始

〇 10月6日付日経記事「無症状の職員にPCR 世田谷区が開始 介護施設など対象」によれば、

「東京都世田谷区は新型コロナウイルス対策で、区内の介護施設の職員らを対象に症状のない人へのPCR検査「社会的検査」を始めた。

 10月中に約2000件、11月以降に介護や保育施設の職員ら約2万1000人の検査を予定する。クラスター(感染者集団)の発生を防ぐ狙いだ。

 

 9月28日に区内の介護施設で感染の疑いのある入居者が出た。区は施設から要請を受け、症状のない職員や入居者ら約100人への検査を実施。10月2日に施設職員1人の陽性が判明した。

 

 保坂展人区長は「早期に陽性者を確認でき、施設内での感染拡大の防止が図れた」とコメントした。そのうえで「改めて、早期に感染状況を把握することの重要性を認識した」と強調する。

 

 世田谷区は検査件数を増やすため、費用を圧縮できる「プール方式」の採用を検討してきた。ただ、現時点ではプール方式のPCR検査には国費が充当できない。そこで、国費を充てられる従来の検査方法で検査を始めた。プール方式の導入は当面見送り、国との協議を続ける。

 

〇 今後、高齢者施設における集団感染を予防するためには、職員全員を対象とした定期検査が必要ですが、費用負担が問題です。

 プール方式は、その解決策の一つと思われますが、厚労省の見解はどうなっているのでしょうか。

 

(参考)

介護事業所等を対象としたPCR検査(社会的検査)の実施について | 世田谷区ホームページ

 

#コロナ、東京都世田谷区、介護職員等に対する予防的検査実施を予定 - コロナ時代の株式投資

 

 #世田谷区、#PCR検査、#プール方式