願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、新規感染者、欧米急増、インド鈍化。10月15~21日。

〇 10月に入って、欧米で新規感染者が急増しています。

 直近の1週間(10月15日~21日)の各国の新規感染者数を調べました。

 対象は、10月21日時点での累計感染者数上位15カ国です。

 内訳は、中南米6カ国(ブラジル・アルゼンチン・コロンビア・ペルー・メキシコ・チリ)、欧州5カ国(ロシア・スペイン・フランス・英国・イタリア)、米国、インド、南アフリカ、イランです。

 

〇 地域別 直近1週間の1日平均新規感染者数・人口あたり週間新規感染者数

(注)前月比=9月の1日平均との比較。

地域

1日平均

新規感染者数

前月比

増加率

人口1万人あたり週間新規感染者数

 

 千人

 倍

 人

欧州(5カ国)

85

2.7

15

米国

60

1.5

13

中南米(6カ国)

55

0.9

8

インド

49

0.6

2

イラン

5

1.7

4

南アフリカ

2

1.1

2

       

世界合計

380

1.3

3

 

〇 直近1週間と9月の1日平均新規感染者数を比較すると、欧州の増加率が突出しています。

 また、直近1週間の人口1万人あたりの新規感染者数で見ても、欧州は米国を上回るまでになりました。また、米国も欧州に次いで、高い伸びとなっています。

 逆に、インドや中南米では、9月を下回っています。特に、インドは、9月中旬に新規感染者のピークをうち、その後、低下傾向にあります。

 

〇 以下は、国別の状況です。順位は、1日平均新規感染者数増加率の高い順です。

 イタリアが突出し、英国・フランス・ロシアの欧州各国が2倍以上となっています。

 人口あたりの新規感染者数でも、欧州各国は、フランスをはじめ、米国を上回る状況にあります。

 

国名

1日平均

新規感染者数

前月比

増加率

人口1万人あたり週間新規感染者数

   

千人

1

イタリア

11.0

7.2

13

2

英国

19.2

4.9

20

3

フランス

25.7

2.7

28

4

ロシア

15.0

2.5

7

5

イラン

4.6

1.7

4

6

米国

60.0

1.5

13

7

スペイン

13.9

1.4

21

8

アルゼンチン

15.0

1.3

23

9

メキシコ

5.5

1.1

3

10

南アフリカ

1.7

1.1

2

11

コロンビア

7.4

1.0

10

12

チリ

1.5

0.9

5

13

ブラジル

22.6

0.7

7

14

インド

49.1

0.6

2

15

ペルー

2.9

0.5

6

ジョンズ・ホプキンス大学のデータをもとに筆者が作成

 

〇 現在は、第2波の渦中にあり、その中心地は欧米であるといえると思います。

 なぜ、欧州で再び感染爆発を起こしているのか理由は不明ですが、第1波のロックダウンなどの規制強化に対する反動が、夏のバカンスをきっかけとして起きてしまったと推定します。

 第2波では、第1波で実施したような国全体のロックダウンは困難であり、欧州における感染拡大は、今後も続くと思われます。

 

(関連記事)

#コロナ、欧州、10月第2週 感染状況、急激に悪化 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、欧米、新規感染増続く 年末の移動が焦点に - コロナ時代の株式投資

 

 

#ロシア、#スペイン、#フランス、#英国、#イタリア、#欧州、#第2波、#感染爆発