願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、米国の新規感染者、再び世界最多、インドを抜く

〇 10月23日付日経記事「米の新規感染、再び世界最多 インド抜き6万人迫る」によれば、

「米国で新型コロナウイルスの感染が勢いを増してきた。1日あたりの新規感染者数は10月下旬にインドを抜き、再び世界最多になった。

 入院患者数も増え続け、直近のピークだった7月下旬の水準に迫ってきた。症状が似るインフルエンザが流行しやすい北半球の冬場を前に、感染抑制の対策強化が求められる。

 米ジョンズ・ホプキンス大学の調べによると、米東部時間22日午後3時半(日本時間23日午前4時半)時点の米国の新型コロナ感染者は累計で837万8377人、死者は22万2663人に達した。インドの感染者数は770万6946人、死者数は11万6616人だった。

 1日あたりの新規感染者数(7日移動平均)は米国で21日まで15日連続で増加。21日には5万9990人と、8月初旬に米国を抜いて国別の世界最多となったインドを2日連続で上回った。6万7000人に達した7月下旬の「第2波」ピーク時の水準にも迫る。

 

 病床不足のリスクも再び浮上してきた。米国の感染状況を分析する「COVIDトラッキング・プロジェクト」によると、21日には米国の入院患者が4万人を超え、集中治療室(ICU)の患者数も8182人にのぼった。いずれも8月下旬以来の高い水準だ。

 

 再拡大の舞台となっているのは中西部地域。COVIDトラッキング・プロジェクトによると、18~21日にミシガンやウィスコンシンなど中西部を中心とする7つの州が1日あたりの新規感染者数で過去最多となった。

 中西部最大の都市シカゴは感染拡大を受け、規制を強化する。

 シカゴのライトフット市長は22日の記者会見で、スーパーマーケットや薬局など生活に必要不可欠な業種以外は午後10時から翌日の午前6時まで営業を禁じると発表した。」

 

〇 インドでは、新規感染者数が、9月中旬にピークを打ち、その後、低下傾向にある一方、米国では、9月以降、新規感染拡大が起きており、米国とインドの新規感染者数の逆転が生じました。

 なお、欧州では、米国以上に新規感染が拡大しており、欧州全体の1日当たり新規感染者数は20万人を超えたようです。

 現在、新規感染の中心は欧米にあります。

 

(関連記事)

#コロナ、新規感染者、欧米急増、インド鈍化。10月15~21日。 - コロナ時代の株式投資

 

 

#米国、#インド、#欧州