願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都、高齢者施設職員向けPCR検査、近く始まる予定

〇 10月23日付日経記事「都、PCR検査担う3社選定 高齢者施設職員向け」によれば、

「東京都は22日、高齢者施設の無症状の職員らを対象とした新型コロナウイルスPCR検査を担う事業者3社を選定した。ソフトバンクグループ傘下の新型コロナウイルス検査センター(東京・港)などで、都内の障害者施設を含む約850カ所の職員や入居者ら15万人の検査を見込む。

 同社の場合、1件当たり2000円で唾液によるPCR検査を実施する。同社のほか、江東微生物研究所(同・江戸川)、みらい(埼玉県所沢市)が検査する。

 

 都は2020年度補正予算に30億円の事業費を盛り込んだ。インフルエンザとの同時流行に備えるため、近く検査を始める予定だ。施設の職員や入居者にコロナを疑う症状がなくてもあらかじめ検査し、高齢者らの重症化やクラスター(感染者集団)の発生を事前にくい止める。

 小池百合子知事は記者団に「施設の方、働く方を守る。同時流行をできるだけ避ける検査体制を整えた」と強調した。高齢者施設の職員らを対象とする検査は世田谷区なども独自に取り組んでいる。」

 

〇 検査対象の職員・入居者15万人×1件2000円=1回3億円ですので、事業費30億円で、10回できる計算になります。

 今後、市中感染の拡大とともに、高齢者施設における集団感染の多発が予想されます。

 コロナは、無自覚・無症状の段階で感染しますので、介護職員全員に対する定期的PCR検査は、職員の院外感染の早期発見のためには不可欠の対策であり、高齢者施設集団感染防止対策の要となる対策です。

 

(関連記事)

#コロナ、東京都、高齢者施設等に無料PCR検査実施を検討 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、東京都大田区、デイサービス施設で集団感染発生 - コロナ時代の株式投資

 

 

#東京都、#施設内集団感染、#PCR検査