コロナ時代の株式投資

身に迫るコロナを感じつつ、株式投資を考えています

#コロナ、スペイン、全土の緊急事態宣言を来年5月まで延長

〇 10月30日付ロイター記事「スペイン、全土の緊急事態宣言を来年5月まで延長」によれば、

「スペイン議会は29日、新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない中、25日に全土に対し発令した期間2週間の緊急事態を来年5月9日まで延長した。

 イラ保健相は議会で「何カ月にもわたり犠牲を強いられ、疲れが出ていることは認識している。ただ、今は慢心する時ではない。この先、状況は極めて厳しくなる」と述べた。

 国内の新規コロナ感染者はこの日、2万3580人と最多を更新。累計では116万0083人となった。ただサンチェス首相は、統計漏れを考慮すると累計感染者は300万人を上回るとしている。コロナ感染症による死者は173人増の3万5466人。

 こうした中、スペイン中銀は、企業や家計がコロナ危機を乗り切るためには、欧州当局が一段と大胆な経済・政治的な対策を講じる必要があると述べ、銀行セクターの安定リスクに警鐘を鳴らした。」

 

〇 欧州主要国の新規感染者数の推移をみますと、スペインでは、8月時点で4月を上回り、その後、高原状態が続いていました。

 フランスは9月、英国・イタリア・ドイツは10月になって4月を超えたのですが、各国では連日、過去最多の新規感染者数を更新し続けている状況です。

 

〇 人口10万人あたり国別月別新規感染者数推移(単位:人・倍)

国名

4月

8月

9月

10/1~28

対4月

対9月

 

フランス

175

144

436

1,035

5.9

2.4

スペイン

251

373

655

787

3.1

1.2

英国

206

49

173

720

3.5

4.2

イタリア

165

36

76

455

2.8

6.0

ドイツ

109

41

57

231

2.1

4.0

ジョンズ・ホプキンス大学のデータをもとに筆者が作成

 

〇 スペイン政府は、「この先、状況は極めて厳しくなる」との見通しの下、来年、5月までの緊急事態宣言の延長を決定しました。

 人口あたりの新規死亡者数で、10月に入って、フランスは、スペインを抜き、英国はスペインに迫っています。イタリアは、前月比6倍、ドイツも4倍の勢いで急拡大しています。

 

〇 今後、スペイン以外の国も、行動規制の強化・延長をすることになると思います。

 

(関連記事)

#コロナ、スペイン、再び国家非常事態宣言。全土で夜間外出禁止。 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、フランス、全土で1カ月外出制限 春に続き2度目 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、ドイツ、飲食店・娯楽施設を閉鎖。11月2日から - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、英国、地域別・感染状況別に規制導入。全土再封鎖は回避 - コロナ時代の株式投資

 

#スペイン、#フランス、#英国、#イタリア、#ドイツ