願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、米国、医療体制逼迫、複数の州が行動規制再び強化

〇 コロナ感染者の入院が急増し、医療体制が逼迫しつつある米国では、各州で、感染拡大を抑制するため、新たな行動規制を発表しています。

 

11月11日付ロイター配信記事「米で新型コロナ入院者急増、複数の州が行動規制再び強化」によれば、

「(前略)カリフォルニア州は、サンディエゴ、サクラメント、スタニスラウスの3郡で、経済再開計画を停止し、最も厳しい規制を再導入すると発表。

 レストランの屋内での飲食が禁止されるほか、ジムや宗教施設でも屋内での活動ができなくなる

 同州の保健当局によると、州内の入院者数は過去2週間に32%増加、集中治療室への入院は30%増加したという。 マーク・ガリー州厚生長官は「このような状況が続けば、カリフォルニア州の郡の半分以上で(来週までに)規制の強化が必要になるだろう」と述べた。

 

 ミネソタ州では13日からレストランやバーで午後10時─午前4時まで施設内でのサービスが禁止されるほか、来客数を収容人数の50%未満に抑えることが必要になる。私的な集会は最大3世帯の計10人までとなる。

 

 アイオワ州でもキム・レイノルズ知事が、集会の規模を制限したり、特定の状況下でマスク着用を義務付けるなどの感染抑制策を講じた。

 

11月11日付Bloomberg配信記事「【新型コロナ】NJ州最大都市で外出禁止令、SF市は屋内飲食休業」によれば、

 サンフランシスコ市屋内の飲食サービスを休業させるほか、ジムや映画館などの収容能力を縮小させる。感染件数の急増を受けた措置。

 感染率はこの数週間で2倍余りに上昇し、来春さらに悪化する可能性があると市保健当局トップは指摘した。

 

 ニュージャージー州最大の都市ニューアークは、コロナ検査の陽性率が最も高い3地域で外出禁止令を即時発動する。バラカ市長の発表によると、平日午後9時以降と週末午後10時以降は、緊急の要件や通勤以外の外出は認められない

 

〇 今後、感染拡大とともに、行動規制を強化する州が増加すると思われます。

 

(関連記事)

#コロナ、米国、感染急拡大、非常事態宣言出す州も - コロナ時代の株式投資

#コロナ、米国、NY州、入境前後の検査義務付けへ - コロナ時代の株式投資

#コロナ、米国第3波、シカゴで飲食業の室内サービス禁止。30日から - コロナ時代の株式投資

 

#米国、#行動規制