願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#NYダウ、317ドル安、コロナ感染拡大で米景気に懸念

〇 昨日(11月12日)のNYダウは続落。前日比317ドル(1.08%)安の29080ドルで終えました。

 米国でコロナの新規感染者の増加基調が続き、短期的に景気の足を引っ張るとの警戒が強まり、景気敏感株中心に幅広い銘柄が売られました。

 

11月13日付日経記事「NYダウ一時400ドル超安 コロナ感染拡大で米景気に懸念」によれば、

「(前略)米国での1日あたりの新型コロナ感染者数は10万人を上回る状態が続いている。米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は12日の討論会で、米経済について「この先2~3カ月は厳しい状況になるかもしれない」と述べた。

 米大統領選で当選を確実にしたバイデン前副大統領の新型コロナ対策のアドバイザーが「全米で4~6週間のロックダウン(都市封鎖)が必要になるかもしれない」と述べたとも伝わっている。

 すでに米ニューヨーク州のクオモ知事が飲食店の営業規制を求めるなど経済活動を制限する動きが再び広がりつつあり、冬に向けて景気が弱まるとの見方が広がった。

 米長期金利の低下を受け、ゴールドマン・サックスなど金融株が安い。航空機のボーイングや化学のダウも下落。前日に相場を支えた大手ハイテク株や半導体株の一角も売りが優勢になっている。」

 

〇 コロナ感染拡大への懸念が強まっているようです。

 

(関連記事)

#コロナ、NY州、飲食店は夜10時閉店へ 営業規制を再強化 - コロナ時代の株式投資

 

#NYダウ