コロナ時代の株式投資

身に迫るコロナを感じつつ、株式投資を考えています

#コロナ、米国、死亡者数、第2波超え。各州、行動規制強化

〇 11月19日付日経新聞記事「米のコロナ死者が第2波超え NY市、再び休校措置」によれば、

「米国で新型コロナウイルスの新規感染者や感染による死者が増え続けている。

 死者の数は8月の「第2波」の水準を上回り、各地で外出制限などの規制導入を急いでいる。

 米国では約1週間後に人の集まる感謝祭を控えており、感染拡大への警戒が強まっている

 米ジョンズ・ホプキンス大によると、米東部時間18日午後5時30分(日本時間19日午前7時30分)時点の累計で感染者は1140万人を超え、死者は約25万人となった。

 7日移動平均では、17日の新規感染者が15万7千人で過去最多を更新。同日の死者は1156人で、第2波のピークだった8月1日の1138人を上回った。

米国の感染状況を分析する「COVIDトラッキング・プロジェクト」によると、30を上回る州や地域で新規感染者の数が最多を更新している。(中略)

 

 米国では26日が感謝祭で、人が集まる機会が増える。今年春の第1波の「震源」となった東部のニューヨーク州のクオモ知事は「サンクスギビング(感謝祭)後には感染が急増する」と警告し、例年通りの集まりの自粛を呼びかけている。

 米食品医薬品局(FDA)は17日、自宅で受けられる検査を緊急承認した。14歳以上ならば検体採取から結果確認まで自分でできる。30分ほどで結果が出るという。

 

 行動規制を導入する州も増えている。西部のニューメキシコ州は16日に外出制限を始め、生活に必要な業種のほかは営業を2週間禁じた。中西部のオハイオ州のデワイン知事は17日、12月上旬までの夜間外出制限を導入すると発表した。同アイオワ州は17日から3週間、屋内の公共の場でマスク着用を義務付けた。バーやレストランの屋内営業時間も制限した。」

 

 〇 中西部は、第3波の中心地域であり、行動規制が相次いでいるようです。

 

#米国、#ニューメキシコ州、#オハイオ州、#アイオワ州