願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#中国コロナ 上海・天津・内モンゴル自治区で感染発生

〇 11月23日付ロイター配信記事「中国で国内感染症例が増加」によれば、

「中国では天津市上海市内モンゴル自治区新型コロナウイルス新たな国内感染症例が報告された

 

 上海市衛生健康委員会は浦東国際空港の職員1人の感染が確認されたのを受け、貨物業務の全職員を対象に22日に検査を実施したと発表。その結果、さらに2人の感染が確認されたと明らかにした。

 天津市では港湾労働者に関連する新たなクラスターが報告され、内モンゴル自治区でも2人が感染した。(後略)」

 

〇 11月23日付AFP BB NEWS配信記事「上海の空港でコロナの大規模検査 職員の感染報告受け」によれば、

「中国の上海浦東国際空港(Shanghai Pudong International Airport)で、市内での新型コロナの感染例が複数の航空貨物取り扱い職員につながっていることが分かったため、職員を対象とした新型コロナウイルスの大規模検査が実施されている。

 上海市内では今月、空港に関連した新型コロナの感染が6例報告されており、その大半はここ数日以内に確認されている。(中略)

 新華社は、上海機場集団有限公司(Shanghai Airport Authority)の周俊竜(Zhou Junlong)副社長の話として、貨物取り扱いの現場で働く職員は今後、定期的に検査を受ける他、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチンも摂取すると報じている。

 当局は23日、今月初めに新型コロナの検査で陽性となった貨物取り扱い職員2人はマスクを着用せずに、北米から到着したコンテナ内の清掃を行っていたと明らかにした。

 中国では、市内で新型コロナが発生した際には大規模検査を実施している。当局は冷凍食品などの輸入品に関連した感染症例の報告が相次いでいることを受け、最近では輸入品に警戒を示している。」

 

〇 中国では、海外からの貨物や輸入品を感染経路とするコロナ感染が発生しているようです。

 

(関連記事)

#コロナ、韓国、「第3波」本格化 - コロナ時代の株式投資

 

#中国   #上海   #天津  #内モンゴル自治区