願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、欧州経済、二番底が鮮明 PMI11月45.1、景況感悪化

〇 11月24日付日経記事「欧州経済、二番底が鮮明 PMI11月45.1、景況感悪化」によれば、

新型コロナウイルスの感染が広がる欧州で、景気の二番底が鮮明になってきた。

IHSマークイットが23日公表したユーロ圏の11月の購買担当者景気指数(PMI、総合)の速報値は前月より4.9低い45.1で、好不況の境目の50を大きく割り込んだ。

 各国がそろって厳しい行動制限に踏み切ったことで、企業の景況感の悪化が加速した。

 

 PMIは企業の原材料の調達などを担う人の景況感をまとめた指数で、景気動向を敏感に映すとされる。10月末から11月初めに欧州主要国が導入したロックダウン(都市封鎖)が直撃し、サービス業のPMIは前月より5.6低い41.3だった。

 

 ロックダウンはこれまで堅調だった製造業にも影を落とし始め、製造業のPMIは前月より1.2低い53.6に低下した。国別では厳しい外出制限を導入したフランスなどの落ち込みが目立つ。」

 

〇 欧州各国では、ロックダウンの効果により、新規感染者数は、横ばいとなっていますが、依然として高水準であり、医療提供体制は逼迫した状況にあるため、行動規制を続けざるを得ない状況にあります。

 今後も景況感の悪化は続くと思われます。

 

(関連記事)

#コロナ、米欧、景気の停滞再び。経済再開、コロナで相次ぎ中断 - コロナ時代の株式投資

 

#欧州経済、#二番底