願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都小池知事、「時短」および「外出自粛」を要請

〇 11月25日付THE PAGE配信記事「小池知事「感染対策 短期集中」時短要請など発表 不要不急の外出「できるだけ控えて」によれば、

「東京都の小池百合子知事は25日、臨時の記者会見を開き、感染再拡大がみられる新型コロナウイルス対策として「一層強い取り組みが必要な状況である。『感染対策 短期集中』」の覚悟であらゆる対策を講じていきたい」と述べ、酒類を提供する飲食店やカラオケ店を対象に営業時間の短縮を要請すると発表した。

 都民に対しては「今以上の感染を食い止めるために、できれば、できるだけ不要不急の外出をお控えいただきたい」と呼びかけた。

 

 23区と多摩地域の市町村の対象業者に対し、11月28日午前0時から12月17日の深夜12時までの20日間、午前5時から午後10時までに営業時間の短縮を要請する。

 全面的に協力した事業者に対しては一律40万円の協力金を支給する。(中略)

 

 都は「Go To キャンペーン」をめぐり、

「イート」については11月27日から12月17日の間、食事券の新規発行の一時停止や既に発行された食事券・ポイントの利用を控える呼びかけを都民に行うが、

「トラベル」については、東京の除外を国に求めなかった。

一方で、都独自の観光支援事業「もっとTokyo」は11月28日から12月17日の間、新規販売を停止する。(後略)」

 

〇 酒を提供する飲食店・カラオケ店に対する時短要請だけでは、効果が限定的ですので、これに外出自粛要請が加わりました。

 とはいえ、「できれば、できるだけ不要不急の外出をお控えいただきたい」という及び腰のメッセージでどれだけの効果があるのかは疑問です。

 お願いベースで事を運ぶのが、日本モデルなのですが、現在の感染状況は、入院患者数・重症者数ともに過去最大を更新中であり、遠からず、「緊急事態宣言」のようなもっと強いメッセージが出るのではないかと思います。

 

(関連記事)

#コロナ、東京都、今週末から3週間の時短要請へ、「もっとTokyo」中止か - コロナ時代の株式投資

 

#東京都、#時短要請、#外出自粛要請