コロナ時代の株式投資

身に迫るコロナを感じつつ、株式投資を考えています

#コロナ、大阪府、重症者103人に急増 病床使用率50% 病床逼迫

〇 11月25日付読売テレビYTV配信記事「「病床の確保を必死でやらないと追いつかない」コロナ重症者103人に急増 病床使用率50% 大阪」によれば、

新型コロナウイルス感染の急激な増加で、大阪府内の医療体制は、日に日に状況が厳しくなっている。

  先月1日時点で24人だった重症者は今月に入ると増加傾向となり、24日時点で4倍を超える103人に急増した。重症者の病床使用率も50%となった。(中略)

 

  現在、府が確保している重症病床は206床。しかし、実際に使用できるのは120床(24日時点)で、残りの86床は今、ベッドを使っている患者を別の病院に移すなどの調整が必要だという。(中略)

 

  大阪市内でコロナ患者を受け入れている病院では「満床ギリギリ」の状態が続いているという。住吉区の阪和第二病院では24床ある病床のうち、すでに22床が埋まっている退院してもすぐに入院患者が搬送されてくる状況の中、増床を検討しているという。

  しかし、吉村洋文・府知事は25日、重症者の病床数について、すぐに増やすことは難しいという認識を示した。

  吉村知事は「それぞれの病院で、重症の病床を確保してもらうわけですが、看護師さんなどの数も必要になりますから、コロナの重症病床は、簡単に増やせるものではないと認識を持っています。重症者の数を見ながら、確保の速度は考えていきたい」と述べた。

  また、日本医師会は同日、記者会見を開き、病床数のひっ迫状況と共に医療崩壊を防ぐために、1人1人が感染症対策を徹底することを強く訴えた。

 日本医師会中川俊男会長は「病床占有率を見る限り、まだ余裕があるかのように見えるかもしれません。即座に患者を受け入れられる病床を分母にするべきです。現実には医療スタッフの不足もあり、受け入れ可能病床は満床の状態です。コロナにならないでください。ゆるまないでください」と強調した。」

 

〇 病床を確保しているといっても、必ずしも即座に受け入れ可能という意味ではなく、使用するためには、現在、ベッドを使っている患者を別の病院に移す必要がある、とういうのが現状のようです。

 

(関連記事)

#コロナ、大阪府、医師ら「非常事態近い」危機感訴え - コロナ時代の株式投資

 

大阪府、#病床使用率