願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、東京都、リアル重症者は250人

〇 11月28日付日刊ゲンダイ記事「小池都知事「3つのウソ」で失策隠蔽…重症者、豊洲市場、軽症者施設の実態ゴマカシ」によれば、

「(前略)

 1つ目のウソは重症者数だ。都の発表では、27日は5日連続増の61人で、18日の39人から56%増。しかし、この数字は実態を反映していない。国の基準とは異なり、都独自基準で算定していることから、文字通りの「過小評価」なのだ。

  政府は重症者について、①人工呼吸器装着②人工心肺装置(ECMO)の使用③集中治療室(ICU)などに入室――のいずれかに該当する患者をカウントするよう各自治体に通知。大阪府などは国の基準に沿って重症者数を発表しているが、都は③に該当する患者を除外している。

 国の基準を当てはめた場合の重症者は250人(26日時点)に上り、公表値の4倍強に当たるのだ。

 

  数字のゴマカシは他にもある。軽症者や無症状者を収容する宿泊療養施設数は「過大評価」だ。小池知事は19日の会見で、療養施設について「3200室余りを確保しております」と豪語。27日の療養施設の入所者数は719人で、まだまだ余裕があるように見える。しかし、実際に入所できる部屋数は1910室しかない。

 都の福祉保健局担当者はこう話す。 「施設には運営要員として都の職員らも常駐していますから、その分、感染者が入所する部屋は限られます

 また、感染者の退去後、消毒する必要がある。作業に時間がかかるため、次々と入所させるのは困難。確保した部屋全てに感染者が入所できるわけではありません」

 

 3つ目のウソは、累計感染者が100人を超えた豊洲市場の扱いだ。市場内で集団感染が発生しているのは明らかなのに都は決して「クラスター発生」を認めない

 「認めることで市場の一部でも稼働を止めることになれば、年末の書き入れ時に影響が及びかねず、大きな経済ダメージが懸念される。何より都の管理責任を問われることになりかねない。それだけは避けたいということなのでしょう」(都庁記者)(後略)」

 

〇 東京都の重症者数は61人ではなく、150人である、というのが現実を表す数値だと思います。

 このところ、大阪府の感染状況の悪化が目立っていますが、重症者用病床使用率の第1位は東京都であり、東京都も大阪府同様、医療提供体制が逼迫している、ということです。

 

(関連記事)

#コロナ、都道府県別病床使用率(11月25日時点) - コロナ時代の株式投資

 

#東京都、#病床使用率