願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、学校内感染、文科省「一斉休校避けて」

〇 12月4日付日経記事「小中高生、学校内感染は13%・家庭内は55% 文科省」によれば、

文部科学省は3日、全国の学校が本格的に再開した6月1日から11月25日までに、新型コロナウイルスに感染した小中高校や特別支援学校の児童生徒が3303人だったと発表した。

 学校内感染は全体の13%にとどまり、同省は地域一斉の休校は避けるべきだとの方針を示した。

 

 感染者の内訳は、小学生1252人、中学生782人、高校生1224人。重症者はゼロだった。

 感染経路については家庭内感染が55%と最多。学校内感染は小学生で6%、中学生で10%、高校生で24%だった。

 同じ学校で複数の感染者が確認された事例は、学校内感染も含め計262件。9~11月に10人以上が感染した8件のうち、5件が高校だった。中高では部活動が関わる感染も確認されている。

 文科省は学校での感染対策などをまとめた「衛生管理マニュアル」を更新し、

 特に小中学校については「家庭内感染が大部分であることを踏まえ、学びの保障や心身への影響の観点から、地域での一斉休校は避けるべきだ」と強調した。感染者が出た学校も直ちに休校とせず、保健所と相談するよう求めた。

 萩生田光一文科相は仮に政府が緊急事態宣言を出すような場合でも、一斉休校を求めない意向を示している。

 同省担当者は「休校は子どもが受けるデメリットが非常に大きい。感染者が出たとしても、地方自治体の首長は本当に必要なときだけ休校してほしい」と話している。(後略)」

 

〇 エビデンスに基づく、正しい方針だと思います。

 

#コロナ、なぜ、学校で、コロナの年齢別致死率を教えないのか - コロナ時代の株式投資

 

#校内感染