願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

〇 12月6日付毎日新聞記事「コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味」によれば、

新型コロナウイルスの「第3波」で、重症患者が急増している。専用の病床が各地で埋まりつつあり、適切な医療を提供できない「医療崩壊が現実味を帯びてきた。

 

重症者が増えて、医療提供体制に負荷がかかっている。各地で新型コロナの診療と通常の医療の両立が困難になり始めている」。

 感染対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の脇田隆字座長(国立感染症研究所長)は3日の記者会見で、医療崩壊への危機感をあらわにした。

 

  厚労省によると、全国の重症患者は5日現在で520人。11月3日の165人から1カ月間で3倍に増えた。今春の第1波のピーク(328人)や今夏の第2波のピーク(259人)を上回り、過去最多だ。

 

 背景には、第3波では重症化リスクの高い高齢者に感染が広がっていることがある。第2波では「夜の繁華街」が主要な感染経路で、感染者の多くが20~30代だったのに対し、第3波では感染経路が多様化して高齢者にも感染が広がったとされる。(後略)」

 

(関連記事)

#コロナ、都道府県別病床使用率50%以上4道府県。重症者用30%以上6都府県(12月2日時点) - コロナ時代の株式投資