願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ、G7、直近7日間の感染・死亡状況。12月7日時点

〇 新規感染者(12月1日~7日)

  前7日間との比較では、米国が急増。カナダ・日本・ドイツ・英国が増加。イタリア・フランスは減少。

 米国・カナダ・日本・ドイツは、前々7日間との比較でも増加しており、感染拡大が止まりません。

 

G7 人口100万人あたり1日平均新規感染者数

国名

11/17~23

11/24~30

12/1~7

前週比

前々週比

4月比

 

①    

②    

⓷/②

⓷/①

 

 

520

483

606

1.25

1.17

6.8

534

402

333

0.83

0.62

6.1

288

216

229

1.06

0.80

3.3

220

210

221

1.06

1.01

6.1

133

154

170

1.10

1.28

4.2

339

173

162

0.94

0.48

2.8

17

16

17

1.07

1.03

5.5

 

〇 新規死亡者(12月1日~7日)

 前7日間との比較では、日本・米国が急増。ドイツ・カナダも増加。イタリア・フランスでは減少。

 第1波のピーク4月との比較でも、日本・ドイツは2倍以上。

 日本の死亡者の急増が目立ちます。

 

G7 人口1000万人あたり1日平均新規死亡者数

国名

4月

11/24~30

12/1~7

前週比

4月比

 

86

121

119

-1.8

1.4

61

44

67

52.6

1.1

119

68

63

-7.2

0.5

106

77

61

-20.3

0.6

23

38

47

22.6

2.0

28

22

24

12.5

0.9

1.1

1.4

2.5

75.6

2.3

ジョンズ・ホプキンス大学のデータをもとに筆者が作成

 

〇 12月8日付読売新聞記事「米感染研のファウチ所長1月中旬は暗黒の時期になる」…Xマス休暇の感染拡大を懸念」によれば、

「(ファウチ所長は)クリスマス休暇で人の移動が増え、米国内の感染がさらに広がる恐れがあるとして、「来年の1月中旬は暗黒の時期になる可能性がある」と強い危機感を示した。(後略)」とのことです。

 

(関連記事)

#コロナ、G7、11月、人口あたり新規感染者数・死亡者数比較 - コロナ時代の株式投資

 

#G7コロナ