願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#独コロナ、メルケル首相、必至の呼びかけ。最も感情的な演説

〇 12月11日付NHKニュース「ドイツ 新型コロナ 1日の死者数最多に 首相“厳しい措置必要”」によれば、

「ドイツのメルケル首相は新型コロナウイルスの1日あたりの死者数が590人とこれまでで最も多くなったことに強い危機感を示したうえで、より厳しい措置が必要だと感情をあらわにして訴えました。メルケル首相は冷静な対応で知られていて、地元メディアは「おそらくこれまでで最も感情的な演説だ」などと伝えています。

 

 ドイツでは先月から、全国の飲食店などを原則、営業禁止とする措置がとられていますが、1日あたりの新たな感染者数は2万人前後と高い水準で推移していて、9日には死者数が590人と、1日あたりではこれまでで最も多くなりました。

 メルケル首相は9日、連邦議会で演説を行い「クリスマスまでまだ2週間ある。再び感染が急拡大しないようできることをすべてしなければならない」と人との接触を極力減らすよう呼びかけました。

 そのうえで、人々が屋外で一緒にホットワインを飲むというクリスマスの時期ならではの習慣に理解を示しつつも「心から申し訳ないが、その代償として、1日に590人の方が亡くなるようなことは受け入れられない」と強い口調で述べて危機感を示しました。

 また、これまで営業を続けてきた小売店についても、科学者の提言に基づいて、営業禁止にするなどのより厳しい措置が必要になると訴えかけました。

 冷静な対応で知られているメルケル首相ですが、この日は、拳を握りしめたり、懇願するように両手をあわせたりしながら、感情をあらわにして、地元メディアは「必死の呼びかけだ」とか、「おそらくこれまでで最も感情的な演説だ」などと伝えています。」

 

〇 コロナ第2波に対するドイツの策は、成果を上げておらず、第1波の時のように、メルケル首相が打ち出す方針に、連邦議会が従おうとしません。

 メルケル首相は求心力を失い、ドイツは、第2波が弱まることなく、冬場を迎え、本格的な感染拡大へと進もうとしているように見えます。

 

(関連記事)

#コロナ、ドイツ、コロナ規制強化の決定先送り - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、ロンドンで感染率上昇。ベルリンが制限強化を計画、1月10日まで生活に必須の店舗以外は全て閉鎖 - コロナ時代の株式投資

 

#ドイツ、#メルケル首相