願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#独コロナ、本格ロックダウン検討 第2波抑え込めず英仏上回る

〇 12月12日付毎日新聞記事「経済活動も重視のドイツ、本格ロックダウン検討 第2波抑え込めず英仏上回る」によれば、

「春の新型コロナウイルスの「第1波」で感染拡大を抑え込んだドイツが、第2波の対応に苦慮している。

 直近の人口10万人当たりの感染者数は、英国、フランスを超えるレベルまで上昇

独政府はクリスマス前にさらに規制を強化するかどうかの判断を迫られている。

 

 ロベルト・コッホ研究所が11日公表したドイツの1日当たりの新規感染者数は2万9875人、死者数は598人で、いずれも過去最多を更新した。欧州疾病予防管理センター(ECDC)の集計で、過去2週間の人口10万人当たりの新規感染者数320・0人(11日時点)は、英国の319・9人、フランスの230・3人を上回った。

 

 ドイツは11月2日から、飲食店などを閉鎖する部分的なロックダウン(都市封鎖)に入ったが、春とは異なり、経済活動も重視して小売店の営業は認めていた。だが12月に入っても、目標としていた「過去1週間の人口10万人当たりの新規感染者数50人未満」の達成にはほど遠い状況が続いている。

  独国立科学アカデミー・レオポルディーナは8日、24日から少なくとも来年1月10日まで、スーパーや薬局などを除く小売店を閉鎖するなど現状より厳しいロックダウンを導入すべきだとの声明を発表した。一部の州は先行する形で、小売店閉鎖などの措置を決定。

 メルケル首相も9日の連邦議会で「接触する人の数を可能な限り少なくするため、売店を閉鎖するという勧告は正しい」と述べ、州首相らと近く対応を協議する見通しだ。

 欧州では、英国がイングランドでのロックダウンを2日に解除し、フランスも15日に夜間を除き外出制限を緩和する方針。だがクリスマスや新年に人と人との接触が増すことによる感染拡大を警戒し、英仏でも緩和に慎重論が出ている。

 フランスは当初、クリスマスイブと大みそかに限って夜間の外出制限を解除する予定だったが、大みそかについては見送った。」

 

〇ドイツの感染拡大の勢いは、他の欧州主要国を上回っており、直近7日間の人口あたり新規感染者数では、イタリアに次いで、第2位の地位にあります。

 

国名

11/21~27

11/28~12/4

12/5~12/11

前週比

前々週比

 

③/②

③/①

 

454

357

277

0.77

0.61

213

203

266

1.31

1.25

244

214

250

1.17

1.03

192

162

181

1.12

0.94

西

217

174

141

0.81

0.65

ジョンズ・ホプキンス大学のデータをもとに筆者が作成

 

(関連記事)

#ドイツコロナ、メルケル首相、必至の呼びかけ。最も感情的な演説 - コロナ時代の株式投資

 

#ドイツ、#ロックダウン