願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ医療逼迫、病床使用率、兵庫・北海道・高知で深刻な水準…高齢者の割合高く逼迫か

〇 12月12日付読売新聞記事「コロナ病床使用率、兵庫・北海道・高知で深刻な水準…高齢者の割合高く逼迫か」によれば、

新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、受け入れ病床の逼迫(ひっぱく)がさらに進んでいる。

  厚生労働省が11日夜に公表したまとめでは、8日時点の感染者の病床使用率は全国で前週より2・6ポイント高い32・7%となった。この値は、感染ピーク時に確保できると想定する病床に対する使用率だ。

 兵庫県(68・9%)と北海道(55・1%)、高知県(53・5%)は感染状況が最も深刻な「ステージ4」(50%)の水準となった。東京都は46・3%、大阪府は49・3%だった。

 

 感染者のうち高齢者の割合が高まっているのも、使用率の上昇を招く一因とみられる。

 

 舘田一博・東邦大教授(感染症学)は「冬場は低温などの影響で感染が広がりやすい上、心筋梗塞(こうそく)などの急を要する他の病気も増えやすい。病床の余裕がない状態が続く中で命を守るため、感染者を減らす対策をさらに強めなければならない」と指摘する。」

 

〇 都道府県別病床使用率・重症病床使用率は、下記の記事をご覧ください。

 #コロナ統計、都道府県別病床使用率。病床利用率兵庫県69%、重症病床使用率大阪府58%(12月9日時点) - コロナ時代の株式投資

 

兵庫県、#北海道、#高知県、#病床使用率