願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナ院内感染、「見えぬ感染」院内連鎖 旭川厚生病院の281人クラスター

12月13日付北海道新聞記事「「見えぬ感染」院内連鎖 旭川厚生病院の281人クラスター」によれば、

 

職員に「無症状者」

 新型コロナウイルスクラスター(感染者集団)が国内最大となった旭川厚生病院。最初の感染者確認から3週間を経ても終息の気配はなく、同病院は12日も新たに12人の感染を発表し、感染者は281人、死者は25人となった。

 

 院内関係者は「気づいた時には広がっていた」と証言するが、専門家は無症状の医療従事者が院内を移動するうちに感染を広げた可能性を指摘。

 今春に200人規模の集団感染が起きた東京都台東区永寿総合病院と同様、「見えない感染者」が感染を広げた共通項が浮かび上がってくる。

 

 「最初の検査で陰性となり、勤務を続ける職員に無症状の感染者がいるかもしれない」。旭川市保健所の浅利豪・新型コロナウイルス感染症対策担当部長は11日、感染者が出た病棟で働く看護師ら数百人の医療従事者を対象に大掛かりな再検査を始めたと明らかにした。12日は80人の結果が出て、数人の陽性が判明。知らぬ間に感染し、院内を歩き回っていたスタッフの存在が浮き彫りとなった。

 

  市保健所が旭川厚生病院で29人が感染するクラスターが発生したと発表したのは11月22日。高度医療や急性期医療を担い、新型コロナの患者も受け入れていた市内の5基幹病院の一つだけに、市内の医療関係者の間では緊張感が走った。

 

 市保健所や同病院は直後から全ての職員、入院患者ら約1500人の検査を急ピッチで進め、災害派遣医療チーム(DMAT)も参加する対策本部を設置。

 関係者の間では「クラスターはすぐに終息する」との見方が広がり、同病院も外来診療の休止期間を「11月24~29日」と発表していた。

 

勢い止まらず

 だが、感染者は同28日に3桁となり、12月5日には国内最大のクラスターとされていた永寿総合病院の214人を超え、300人を超えそうな勢いが続く。

 なぜここまで感染が広がったのか。畑山尚生副院長は「1人が発症して周囲の濃厚接触者を調べたら陽性者が出るという繰り返しで、ここまで増えた」と明かす。

 

 厚生労働省クラスター班がまとめた永寿総合病院の報告書は感染拡大の一因として「病棟間を移動する医療従事者が媒介した可能性」を挙げる。

 

 この分析に関わった東北大の押谷仁教授は旭川厚生病院についても「患者は基本ベッドにいて広範囲を行き来しない。病棟や病室を行き来する医療従事者が広げたとしか考えられない」と共通点を挙げ、「無症状の感染者がいるから、早期に感染の連鎖を見つけるのは困難だ」と対策の難しさも指摘する。」

 

〇 旭川厚生病院に限らないのですが、コロナを病院内にいれてしまうと、院内感染拡大を阻止するのは相当に困難です。

 一人でも感染者が出たら、病院内の全施設の全職員・患者を対象とした一斉PCR検査を躊躇なく即座に実施すべきです。

 

〇 政府の方針にあるように、感染拡大地域における病院内集団感染対策は、全職員を対象とする定期的一斉PCR検査により、無症状・無自覚の感染者を早期発見・隔離することだと思います。

 集団感染は、一人が病院内にコロナを持ち込むことから始まりますので、その一人を定期的一斉検査で発見する必要があります。

 

〇 政府は、自治体が、医療機関・高齢者施設に対する定期的一斉PCR検査が実施できる体制を整備すべきです。

 

(関連記事)

#コロナ、政府は「医療崩壊を防ぐ」ための対策をとるべき時がきました - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、菅首相、放置と対策後手で病院クラスター1カ月で3倍 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、厚労省、医療機関、高齢者施設等の検査について(再周知) - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、安倍首相、コロナ対策の方針転換を表明 - コロナ時代の株式投資

 

 

旭川市、#定期的一斉PCR検査