願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナは、高齢者問題。対策は、高齢者施設・医療機関に対する定期的一斉PCR検査

〇 政府・自治体のコロナ対策の目的は、医療提供体制を守り、医療崩壊を防ぐことにあります。

 

〇 コロナ入院患者

 入院対象は、政府の方針により、現在、65歳以上の高齢者および基礎疾患を持つ人です。

 

〇 重症者

 東京都12月13日時点の入院患者のうち重症者70人。

年齢別内訳

 30代  1人

 40   3

 50   5

 60  20

 70  23

 80  17

 90   1

 合計  70

 

中心は70代で、60代以上が全体の約9割を占めています。

 

 入院患者および重症者は、60歳以上の高齢者が中心であり、病床や重症者病床は、高齢者が多くを占めています。

 

〇 従って、医療崩壊を防ぐための対策は、高齢者の感染を防ぐことです。

 濃厚接触者における感染経路としては、高齢者は、家庭内および施設内感染(高齢者施設・医療機関)が中心で、若年者とは違い、会食は少なくなっています。

 特に、80 代以上では、約7割が施設での感染です。

 

〇 自治体としての対策は、施設内感染防止であるべきです。

 もしもワクチン接種で可能であれば、高齢者施設の入所者・利用者に対する優先接種です。高齢者のコロナ感染死を防ぐと同時に、医療崩壊を防ぎます。

 

 ですが、残念ながら、日本にワクチンが入ってくるのは来年以降です。

 

〇 従って、当面の対策としては、高齢者施設・医療機関に対する、感染者の早期発見を目的とした定期的一斉PCR検査が最も有効と思われます。

 

 高齢者施設・医療機関で集団感染が発生すれば、一気に入院患者、さらには重症者が増えます。

 高齢者施設の利用者は、要介護者ですので、若年者に比べると介護の手間が加わり、看護師の手間は倍層します。

 

〇 政府は、自治体が、高齢者施設・医療機関に対する定期的一斉PCR検査ができるよう支援を行うべきです。

 

(関連記事)

#PCR、行政検査伸び悩み 能力は1日54万件、簡易キット不足が壁 - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ、厚労省、医療機関、高齢者施設等の検査について(再周知) - コロナ時代の株式投資

 

#コロナ対策、#定期的一斉PCR検査