願!コロナ退散

コロナ情報あれこれ

#コロナワクチン、ファイザー、審査を大幅に簡略化する「特例承認」求める。厚労省に

12月18日付NHKニュース「米ファイザー コロナワクチン 日本国内での「特例承認」求める」によれば、

アメリカの製薬大手ファイザーは、新型コロナウイルスのワクチンの日本国内での使用に向け、18日厚生労働省に承認を求める申請を行いました

 

 審査を大幅に簡略化する「特例承認」の適用を求めているということです。新型コロナウイルスのワクチンをめぐって、国内で承認申請が行われるのは初めてです。

 

 ファイザーはドイツの企業と共同で新型コロナウイルスのワクチンを開発し、すでにアメリカやイギリスでは接種が始まっています

 日本政府とは来年6月末までに6000万人分のワクチンを供給することで基本合意していてことし10月から日本国内でも臨床試験を実施してきました。(中略)

 

 田村厚生労働大臣は、記者会見で「有効性や安全性をしっかりと審査した上で判断していく。アメリカでは緊急使用許可が出たという話もある中、わが国としてどうするかは、しっかりとデータを見た上でとなる。最優先の課題なので、最優先で審査をしていく」と述べました。

 一方で副反応が懸念されていることについて、「接種が始まっている海外の情報をしっかり収集し、審査の中の1つのデータとして分析していきたい。ワクチン全般において、すごくまれにアレルギー反応はあるわけなので、そういうことも踏まえて、しっかり審査をしていく」と述べました。(後略)」

 

〇 医療提供体制が逼迫する状況下、ワクチンにかかる期待は、これまで以上に大きくなっています。

 厚労省には、最優先で迅速な審査をお願いしたいと思います。

 

(関連記事)

#ファイザーワクチン、厚労省、慎重に審査、「早ければ」来年3月にも接種開始 - コロナ時代の株式投資

 

ファイザーワクチン、#特例承認